会員登録100万人突破

もしものことが起こった時、残された家族の生活を守るには…

共働きの保険はどうする?保険に関する疑問にお答えします

一緒に考え、万が一の際の対策をしておこう…共働きが備えたいリスク

共働き家庭は家計を2人で支えるため、一方に万が一のことがあっても収入が0になることはないものの、いざというときにお互いを補い合えるようにしておくことが重要です。共働き家庭にどのようなリスクがあるのかを確認し、お互いの保険について考えてみましょう。

共働きが備えておきたい3つのリスク

  1. 万が一死亡した場合、家族の生活費や子どもの教育費が不足する

    万が一死亡した場合、家族の生活費や子どもの教育費が不足する
    • 配偶者が死亡すると、遺された家族の生活費や子供の教育費が不足する可能性が高くなります。特に遺された側に十分な収入がない場合は、遺族年金だけでは賄えないことも多いので注意が必要です。また、見落としがちですがまとまったお金がいる葬儀代や墓石代も必要になります。
  2. 病気やケガで長期間働けなくなることで世帯収入が下がる

    病気やケガで長期間働けなくなることで世帯収入が下がる
    • 共働き家庭の場合、どちらが病気やケガをして働けなくなったとしても入院費や手術代といった治療費がかかる上に、働けない期間分の世帯収入も減少するため、生活が厳しくなる可能性が高くなります。また、後遺症などで介護が必要になった場合、公的介護保険を利用できる人は限られているため、自己負担が大きくなることもあります。
  3. 貯蓄が少ない/子供の教育費がかかる時期に急な入院や手術をする

    貯蓄が少ない/子供の教育費がかかる時期に急な入院や手術をする
    • 共働き家庭の貯蓄がまだ少なかったり、子供の教育費の準備が必要になる子育て世代の場合、急な病気やケガによる医療費が家計の負担になります。医療費のほかに療養時の看護で配偶者の収入が下がったり、1人では賄いきれない家事や育児サービスの使用で思わぬ出費がかさみ、大事な貯蓄を取り崩すことになる可能性があります。
▲ 目次へ移動する

何を選んだらいい…?共働きにおすすめの保険

家計を2人で協力しあって支えていくように、保険も自分だけではなく相手のことも考えて準備していくことが必要です。突然の病気などで長期間働けなくなった場合や万が一の時、家族が困らないように保険の加入を検討するといいでしょう。ここでは共働き家庭に必要な保険について解説します。

医療保険

医療保険は、病気やケガでの入院・手術・通院にかかる費用をカバーする保険です。まずは高額療養費制度や傷病手当金(会社員のみ)で賄えない分を補える保障を確保し、30歳以上になったら生活習慣病やがんなどの備えも追加すると安心ですが、女性は20代でもがんに罹患する人が多いため、早めに女性特有の疾患に備えてください。

就業不能保険/所得補償保険

働けなくなるリスクに備えるには、所得補償保険や就業不能保険を検討するといいでしょう。これらの保険は、病気やケガで働けなくなった場合に毎月一定額の保険金が「働けるようになるまで」もしくは「保険期間が満了を迎えるまで」支払われる保険です。損保会社で扱っているのが所得補償保険、生保会社では就業不能保険と呼ばれています。高額療養費制度や傷病手当金(会社員のみ)を利用することも考えつつ、公的制度だけでは不足する分を最低限補えるようにしておくといいでしょう。

がん保険

がん保険は、がんと診断された場合や、所定のがん治療を受けた場合などに保険金を受け取れる保険です。男性は50代前半から、女性は40代前半からがんの罹患率が上昇しますが、がん保険には契約から90日ほどの免責期間が設けられており、免責期間中に診断されたがんは保障の対象外となるため、早めに備えておくのがおすすめです。

死亡保険

死亡保険とは、万が一のことがあった時には受取人に指定した家族が葬儀費用や死後の整理資金などを受け取ることができる保険です。共働き夫婦でも、お互いに相手に万が一のことがあっても生活していける収入がある場合はそこまで高額の死亡保障は必要ないと言えますが、夫婦間で大きな収入差があり、遺された家族の収入だけでは生活していけない場合は保障を手厚めに準備しておくといいでしょう。

上記以外にも家族構成や家計の状況、将来のライフプランに合わせて子供の学費の準備ができる「学資保険」や、合わせて貯蓄もできる定期保険なども検討するといいでしょう。また、結婚したばかりの時はお互いの保険の保障内容が重複している場合もありますので、きちんと共働き家庭で内容を見直すことをおすすめします。

▲ 目次へ移動する

年代によって必要な保険とは?共働きの保険の選び方

共働きの保険の選び方は、ライフステージや年齢によって大きく変わってきます。その時々の状況に合わせて必要な保障内容をチェックし、増えていく病気や万が一の時に備えて保険の見直しや新規加入を検討しつつ、今後の生活設計を具体的に考えていきましょう。

  • 20代

    20代

    夫婦のみの場合、お互いの収入に大きな差がないなら最低限の医療保険や就業不能保険を用意しておくのがおすすめです。一方の収入が低い場合、メインの働き手に何かあった場合に備え医療保険と就業不能保険を確保し、残された家族が困らない程度の死亡保険も用意するといいでしょう。子供がいる場合、子供が小さいほど高額な死亡保障が必要となりますが、実際に必要な保障額を計算して保険を選ぶことが大切です。また、死亡よりも働けなくなるリスクの方が高いため、就業不能保険も確保しましょう。できれば子供の将来のために学資保険も準備しておきたいところです。

    入っておきたい保険

    医療保険就業不能保険(共働き家庭のみ)死亡保険(子供あり)高額の死亡保険、 学資保険

  • 30代

    30代

    夫婦のみの場合、保険料が高くならない内に早めに医療保険やがん保険のほか、就業不能保険を準備するのがおすすめ。そこまで高額の死亡保険は不要と言えますが、世帯収入を見つつお互いに必要な分だけ備えるといいでしょう。子供がいる場合は、まずは万が一に備えて収入保障保険を活用して高額保障を確保したいところですが、何かあっても遺された家族の収入で生活できる場合はそこまで高額でなくても構いません。長期的な治療が必要になった時のために就業不能保険やがん保険、特に女性は女性特有のがんにも備えましょう。子供の将来に備えて学資保険の活用も有効です。

    入っておきたい保険

    医療保険/がん保険就業不能保険(夫婦のみ)死亡保険(子供あり)高額の死亡保険、 学資保険

  • 40代

    40代

    夫婦のみの場合、生活習慣病に備えて医療保険やがん保険を確保し、死亡保険や就業不能保険は世帯収入を見つつ必要な分だけ備えましょう。また老後に向けての資産形成のため、終身保険や変額保険、個人年金保険も上手に活用するといいでしょう。まだ独立していない子供がいる場合、まずは万が一の時に備えて子供の生活費や教育費の確保を最優先で死亡保険に加入し、子供の成長とともに補償額を見直し、その分を生活習慣病や就業不能保険に備えておくといいでしょう。また、今後のために積極的に資産形成に関する情報を集めておくと、子供の独立後にスムーズに着手できます。

    入っておきたい保険

    医療保険/がん保険就業不能保険(子供あり)死亡保険、 (夫婦のみ)貯蓄性のある死亡保険、 個人年金保険

  • 50代

    50代

    夫婦のみの場合、生活習慣病に備えて終身タイプの医療保険やがん保険がおすすめです。また、老後の資産形成を計画的に行うため、余裕があれば終身保険や個人年金保険、変額保険などの活用も検討しましょう。まだ独立していない子供がいる場合、まずは万が一に備えて子供の生活費や教育費の確保を最優先し、死亡保険に加入しておき、子供が独立したら死亡保険の補償額を見直し、その分を老後の資産形成に回すのがおすすめです。死亡保険以外には生活習慣病に備えて終身タイプの医療保険やがん保険を確保し、多少余裕があれば貯蓄性のある終身保険や個人年金保険、変額保険なども検討するといいでしょう。どちらも将来的にも保険料の支払いが続くものについては、その支払いが問題なく行えるかも考えましょう。

    入っておきたい保険

    終身タイプの医療保険/がん保険、 貯蓄性のある死亡保険、 個人年金保険

  • 60代

    60代

    夫婦のみの場合、生活習慣病に備えて終身タイプの医療保険やがん保険がおすすめです。また、介護保険を早めに検討しておきましょう。まだ独立していない子供がいる場合、まずは万が一に備えて子供の生活費や教育費の確保を最優先し、死亡保険に加入しておき、子供が独立したら死亡保険の補償額を見直したり終身保険にシフトするのがおすすめです。死亡保険以外には生活習慣病に備えて終身タイプの医療保険やがん保険を確保し、多少余裕があれば介護保険を検討するといいでしょう。どちらも将来的にも保険料の支払いが続くものについては、その支払いが問題なく行えるかも考えましょう。

    入っておきたい保険

    終身タイプの医療保険/がん保険、 介護・認知症保険、 (夫婦のみ)少額の死亡保険、 (子供あり)貯蓄性のある死亡保険

▲ 目次へ移動する

共働きの保険選びのまとめ

  • Check 医療保険は優先的に。女性は早めにがんに備え、男性も生活習慣病リスクを視野に
  • Check 子供がいない場合、遺族基礎年金は支給されないため保障を手厚く設定
  • Check 死亡保険は遺族の支出と遺族の収入の差額を補うことができる金額にしよう

いくら気をつけていても病気やケガは急に訪れるもの。また、万が一の時に備えて、医療保険やがん保険、死亡保険への加入、保障内容の見直しが大切です。また、ライフステージが変われば、必要な保障は変わります。この機会に保障内容をチェックし、保険の見直しや新規加入を検討するとよいでしょう。

保険選びに迷ったときはお金のプロへの相談がおすすめ!

自分が何を優先したらいいのか、どの商品を選べばいいのかわからない…そんなときはFPに相談してみましょう。FPは幅広いお金や保険の知識を持ち、あなたやご家族の状況やご希望から最適なライフプランが立てられるようサポートし、そのライフプランに合わせて必要な保険を複数の保険から提示してくれます。

お金のプロ FPに相談すると

  • ライフプランと合わせて、自分に必要な保障がわかる
  • 複数の保険を比較・検討し、自分に合った保険がわかる
  • 必要な保障を見直すことで将来のリスクに備えられる

保険料を抑えるだけで本当に大丈夫??
家族構成や年代、ライフプランから
あなたに必要な備えや総合的な対策をご提案します

※1 オンライン相談の注意点 ・一部地域ではオンライン相談に対応できない場合がございます。
・オンライン相談が可能なFPが限られるため、面談までお時間をいただく場合がございます。
・利用するオンラインツールはFPよりご案内いたします。
・オンライン相談にあたっての通信料は別途かかります。
・オンライン相談で取得した情報はFP相談以外の目的に使用されることはありません。
・保険商品などをご契約する場合は、契約時のみ対面での面談が必要になります。
事例

ファイナンシャルプランナー相談事例

  • 40代
    男性
    独身
    将来を見据えた保険の見直し、老後資金、資産の運用について相談

    金融のプロフェッショナルの方の説明はとても分かりやすく、疑問に思っていたことが全て解決し、相談できて良かったと思います。
    今回相談させていただいたFPさんは、大きな買い物をするときや、保険の見直しの機会に是非定期的に相談したいと思えましたし、金融に関しても信頼して相談できるパートナーとして今後もお付き合いしたいと思いました。

  • 30代
    女性
    夫婦
    結婚を機に10年ぶりの保険見直しの相談

    結婚という大きな転機だったので、意を決してサービスに申込みをしたところ、申込みもWEBで出来るし、日程調整も電話一本だけだったので気軽に利用できるものだなと、面倒がっていたことを後悔しました。今回利用させていただき、自分の将来の希望を伝えることで今後のライフプランを実際に説明してもらえたので、必要な保障内容を正しく理解して保険を見直すことができました。
    気軽に利用できるサービスでとても為になるので、機会があれば友人や家族にも紹介したいと思います。

ファイナンシャルプランナー相談の特徴

厳選したFPなので安心
相談の流れ

対象地域

※離島は除く

お金の悩みを相談する

よくある質問

保険募集代理店

FP相談を対応する生命保険共同募集代理店はこちら

運営会社

フィナンシャルプランナーを都道府県から探す

ページ上部へ