1. 保険チャンネルTOP
  2. ファイナンシャルプランナー無料相談TOP
  3. 老後資金

老後資金や年金の不安は
ファイナンシャルプランナー
(FP)に無料で相談

必要な老後資金の目安や、貯蓄、資金運用について、無料でご相談いただけます!

老後資金LP キービジュアル

ちゃんと
知りたい

老後資金LP キービジュアル

増やしたい

老後資金LP キービジュアル

楽しみたい

自宅にいながらPCやスマホで相談できる
オンライン相談も受付中!※1
老後をFPに相談する
※1 オンライン相談の注意点

オンライン相談が可能なFPが限られるため、面談までお時間をいただく場合や、一部地域で対応ができかねる場合がございます。 利用するオンラインツールはFPよりご案内いたします。オンライン相談は無料ですが、ご利用にあたっての通信料はお客様負担となります。オンライン相談で取得した情報はFP相談以外の目的に使用されることはありません。保険商品などをご契約する場合は、契約時のみ対面での面談が必要になります。

オンライン相談の詳細を確認する

老後について
こんなお悩みありませんか?

  • 老後資金はいくら必要なの?
    年金だけで生活できるの?

    老後資金はいくら必要なの?年金だけで生活できるの?
  • 万が一年金がもらえなかったら
    と思うと不安

    万が一年金がもらえなかったらと思うと不安
  • 老後の資金をどうやって貯蓄したら
    いいかわからない

    老後の資金をどうやって貯蓄したらいいかわからない
  • 老後が心配で今どんな生活を
    するべきかわからない

    老後が心配で今どんな生活をするべきかわからない
老後についてこんなお悩みありませんか?

あなたに必要な老後資金の
目安をご存知ですか?

夫婦2人でゆとりある老後生活を送る上で、
必要と考えられる生活費は平均で34.9万円となります。
あなたが受け取れる公的年金を把握して、不足分を準備することが大事です。

世帯主が60歳以上の家計平均調査

世帯主が60歳以上の家計平均

世帯主が60歳以上の無職世帯の家計平均調査から、実収入204,587円に対して、
支出は265,634円で、1ヵ月間に約6.1万円が不足していることがわかります。

自信が保有する金融資産より補填する金額

家庭状況、居住エリアなどによってライフスタイルが多様化する中で、必要な資金は家庭状況によって異なるため、
それぞれがライフプランを把握し、計画的な準備が必要であると言われています。

<出典:生命保険文化センター「生活保障に関する調査」/平成28年度>
<総務省「家計調査年報」/平成29年>
ファイナンシャルプランナーに
老後資金について相談をすると…
  • 老後にどのくらいの資金が必要なのかわかる
  • 貯蓄や資金運用の方法がわかる
  • 老後資金の蓄え方がわかる
  • ライフプランを作成し、今から準備ができる

こんなお金の悩みは
FPに無料相談してスッキリ
解決!

ファイナンシャルプランナー(FP)はお金に関する豊富な知識を持つ専門家です。
家計の状況を丁寧にヒアリングし、最適なライフプランをご提案することで悩みを解決します。

お電話でも予約OK!0120-994-219

都道府県から相談できるFPを探す

※1 担当FPにより異なる場合があります。
※2 利用するオンラインツールはFPよりご案内いたします。

ファイナンシャルプランナー
無料相談でできること

  • 最適な保険の提案

    「保険の加入」「保険料」「払込期間」といった保険に関する相談や提案など

    最適な保険の提案
  • 現状家計分析

    「収入」「支出」「貯蓄」の3項目を確認し、家計の収入、支出のバランスを分析

    現状家計分析
  • ライフプラン作成

    現状の資産や状況と希望の老後の過ごし方をヒアリングした上でシミュレーション作成

    ライフプラン作成
  • 老後対応策の提案

    老後に必要な資金の提示、必要な老後資金を準備する方法の提案、医療などのもしもに対する備えの提案など

    老後対応策の提案
相談ってなにをするの?

FP相談で行う3つのこと

  1. step
    1
    FP相談の予約

    家計の現状と
    ご希望をヒアリング

    あなたやご家族の状況やご希望をお伺いいたします。
    現在の収入・支出・貯蓄の状況から、家計のバランスを把握した上で診断を行います。

  2. step
    2
    担当FPによる相談

    未来のライフプランを作成

    お伺いした内容をもとに、今後の長期キャッシュフローを算出し、あなたにあった未来のライフプランをご提案いたします。

  3. step
    3
    担当FPによる相談

    改善のための
    コンサルティング

    ライフプランをもとに、ご希望を実現するためのコンサルティングを行います。将来にわたる家計の改善策や貯蓄方法などをご提案いたします。

※改善に必要な保険商品や投資に関するご提案を行う場合がございますが、ご希望されない場合はご契約いただく必要はございません。

どうやって予約するの?

FP相談予約の流れ

  1. step
    1
    FP相談の予約

    FP相談の予約

    FP相談予約ページから予約を行います。ご希望の相談内容、場所(ご自宅、カフェ、オンライン)、日時をお知らせください。

  2. step
    2
    担当FPによる相談

    担当FPによる相談

    ご希望の場所と日時に担当FPが伺って相談、またはオンラインで相談を行います。FPがお悩みについてヒアリングします。

老後をFPに相談する

FP相談体験談

  • 年金型保険へのマイナスイメージを払拭
    • 40代
    • 女性
    • 夫婦
    年金型保険へのマイナスイメージを払拭

    今は夫婦とも40代ですが、いつか夫が退職したり、亡くなったりした後のお金が心配だったので、老後の資金についての相談をメインにしました。
    公的年金にプラスする形で年金型保険をと勧められたのですが、実は過去に自分で年金型保険に入っていて、結婚するときに悩んだことがあったんです。
    解約すると100万円ちょっとの利益が出る計算になりましたが、それを受け取ると所得が増えすぎて夫の扶養から外れてしまうことになり、悩みに悩んだ結果、解約することにしました。
    こういうことで気を揉みたくないので年金型の保険はイヤと言うと、FPさんから、一部だけ解約するという選択肢もあることを教えていただきました。これだけでも目からウロコでしたが、先々のシミュレーションの説明もとても納得できる内容だったので、加入することにしました。

    続きを読む
  • 50代になって老後資金への不安が出てきて
    • 50代
    • 女性
    • 夫婦+子ども2人
    50代になって老後資金への不安が出てきて

    夫婦とも50代になると、老後資金についての不安が大きくなってきました。
    夫婦ふたりでいくらあればゆとりをもって生活できるのか、年金は公的年金だけで十分なのかなどについて相談しました。
    夫は公的年金だけなので、夫も個人年金があればより安心なのではと思って相談すると、夫の分は公的年金だけでは十分ではなさそうというシミュレーション結果になったんです。
    提案していただいた、外貨建ての個人年金など、まだ検討中のものもありますが、FPさんが気軽に話せる方なので、これからも相談していきたいですね

    続きを読む

厳選したFPなので安心

よくある質問

老後をFPに相談する

ファイナンシャルプランナー(FP)を都道府県から探す

  • ※ 離島を除く
  • ※ お住まいの地域が対象地域に表示されない場合、予約時にコールセンターにてお問合せください。
保険募集代理店

FP相談を対応する生命保険共同募集代理店はこちら

電話受付時間:10:00〜19:00(水曜日、年末年始を除く)
お電話
電話予約・お問合せ
0120-994-219
通話料無料・携帯OK
10:00-19:00(水曜日、年末年始を除く)
WEBで相談予約する(無料)
ページ上部へ