介護費用にこんな不安はありませんか?

  • 両親の介護費用は公的な介護保険だけで足りるのか不安

  • 老後は介護施設に入居するつもりだけど、どのくらい費用がかかるのかわからない?

  • 介護保険は毎月国に支払ってるから、全て安心じゃないの?

  • 介護の事は必要になってから考えても遅いと言われたけど本当?

ファイナンシャルプランナー無料相談でできること

  • 1
    あなたの現状を把握

    あなたやご家族の状況(収入や支出、資産、保険など)をお伺いして、あなたとご家族の現状を把握します

  • 2
    今後のライフプラン作成

    あなたやご家族の現状に応じたライフプランを作成します。将来の介護に備えた対策をご提案。

  • 3
    あなたに合った介護
    費用の準備手段のご提案

    ご希望の老後の過ごし方や今後起こり得るリスクを考慮して、必要な費用の準備の方法をご提案いたします。

ファイナンシャルプランナー相談するメリット

  • 公的な介護保険と民間の介護保険の違いがわかる

  • 将来の介護に備える方法がわかる

  • いつまでにどのくらいの資金を準備していればいいかわかる

  • あなたに合った介護資金の準備方法がわかる

FPに介護費用の相談をする

こんな方こそファイナンシャルプランナー相談がオススメ

など介護について漠然と不安を感じていても、実際に介護が必要になった場合に、
どのくらい費用がかかるのかを把握している方は多くないはずです。

また、公的な介護保険で不足する介護費用をどのように準備すればいいかを理解されていない方が多いため、
まずはファイナンシャルプランナーに介護資金の相談をしてみることをオススメします。

介護事業所を利用した場合にサービスにかかる利用料

介護保険サービスを利用した場合の利用者負担は、介護サービスにかかった費用の1割(一定以上所得者の場合は2割又は3割)です。仮に1万円分のサービスを利用した場合に支払う費用は、1千円(2割の場合は2千円)ということです。

介護保険施設利用の場合は、費用の1割(一定以上所得者の場合は2割又は3割)負担のほかに、居住費、食費、日常生活費の負担も必要になります。

ただし、所得の低い方や、1か月の利用料が高額になった方については、別に負担の軽減措置が設けられています。

※居宅サービスを利用する場合は、利用できるサービスの量(支給限度額)が要介護度別に定められています。

サービス利用負担等

限度額の範囲内でサービスを利用した場合には、1割(一定以上所得者の場合は2割又は3割)の自己負担です。限度額を超えてサービスを利用した場合には、超過した分全額が自己負担となります。

居宅サービスの1ヶ月あたりの利用限度額
要支援1: 50,030円
要支援2: 104,730円
要介護度1: 166,920円
要介護度2: 196,160円
要介護度3: 269,310円
要介護度4: 308,060円
要介護度5: 360,650円

施設サービスを利用した場合

要介護5の人が介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)を利用した場合の自己負担金額の目安(1ヶ月)

多床室を利用した場合

施設サービス費の1割 約25,000円
居住費 約25,200円(840円/日)
食費 約42,000円(1,380円/日)
日常生活費 約10,000円(施設により設定されます)
合計 約102,200円

ユニット型個室を利用した場合

施設サービス費の1割 約27,500円
居住費 約60,000円(1,970円/日)
食費 約42,000円(1,380円/日)
日常生活費 約10,000円(施設により設定されます)
合計 約139,500円
出典:介護保険の解説(サービスにかかる利用料)(厚生労働省)http://www.kaigokensaku.mhlw.go.jp/commentary/fee.html

ファイナンシャルプランナー(FP)とは?

あなたのお悩み解決や希望の実現を経済面からサポートする存在です。
お金の専門家として、資金計画や資産設計等をお手伝いすることが可能です。

厳選したFPなので安心
FPに介護費用の相談をする
相談の流れ
相談予約の流れ

対象地域

※離島は除く
FPに介護費用の相談をする

お金の悩みを相談する

よくある質問

  • なぜ相談料が無料なのですか?
    提案商品の販売実績に応じて、保険会社等の商品を提供している会社からの手数料で成り立っています。その為、相談をされるお客様からは一切相談料をいただかずに運営することができるのです。もちろん何度ご利用いただいても相談料は無料です。
  • 相談したら、生命保険に入らないといけませんか?
    必要のない商品に加入する必要は全くありません。生命保険の支払保険料は、住宅購入の次に高い買い物と言われています。ライフプランシミュレーションを行いながら、じっくり検討すべきものです。ご納得いかなければご加入する必要はありません。
  • 知識がなく、何を相談したらいいかもわからないのですが、それでも大丈夫ですか?
    保険や金融などの知識がないのは当たり前の事ですので、ご安心ください。基礎からご説明いたします。わからないこと、疑問に思ったことは気軽にご質問ください。
  • 以前から入っている保険があるのですが、相談にのってもらえますか?
    もちろんです。相談の際に現在加入している保険の証券をご用意ください。今入っている保険の内容を確認しながら、そのまま継続すべきか、現在の生活に照らし合わせて内容を見直すべきかなどのアドバイスをいたします。
  • 所要時間はどれくらいですか?
    1回あたり、およそ1〜2時間くらいです。ライフプランのことなどを詳しくお聞きする場合があるので、ある程度のお時間は必要になります。延長料金は一切かかりません。
  • 税金についての相談は可能ですか?
    一般的な事例や税金の仕組みのご説明については可能ですが、個別で具体的な税務に関するご相談などはFPの業務範囲外のためご対応いたしかねます。
  • 担当者はどんな人ですか?
    ファイナンシャルプランナーの資格を有し、幅広い保険知識と実績を兼ね備えているので、安心してご相談いただけます。
  • 年齢によって保険料に違いはありますか?
    加入時の年齢によって保険料は変わってきますので、お早めにご相談ください。
  • 保険会社で直接加入する場合より保険料が高くなったりしませんか?
    保険料が高くなることはありませんので、ご安心ください。
保険募集代理店

FP相談を対応する保険募集代理店はこちら

運営会社
  • 社名
    株式会社リクルートライフスタイル
  • 代表者
    淺野 健
  • 所在地
    東京都千代田区丸の内1-9-2

フィナンシャルプランナーを都道府県から探す

ページ上部へ