会員登録100万人突破

若くて元気に溢れ、やりたいこともいっぱい…

将来のリスクに目を向けにくい年代、20代の保険はどうする?
保険に関する疑問にお答えします

20代での保険の必要性と平均保険料

社会人になり、初めて親元を離れる人も多い20代。病気の不安も少なく、他にお金を使いたいと思うこの年代に保険は必要?と思うかもしれませんが、アクティブなだけにケガや不慮の事故などに備えておく必要性は高そうです。

20代の生命保険や医療保険の加入率※は男性が46.8%、女性が52.8%となっており、約半数の人が将来起こりうる病気やケガ、死亡のリスクに備えていることがわかります。

※公的医療保険以外の民間の生命保険会社や郵便局、JA(農協)、生協・全労済で取り扱っている生命保険や生命共済、医療保険の加入率

20代の生命保険や医療保険の加入率

出典:生命保険文化センター「生活保障に関する調査」
https://www.jili.or.jp/research/report/pdf/r1hosho/2019honshi_all.pdf

20代の平均保険料を見てみると、月間払込保険料は男性が12,250円、女性は9,500円が平均値となっています。この年代は「将来より現在の生活が大切だから生活設計を立てていない」、「想定される将来のライフイベント」に「趣味の充実」を挙げている人が他の年代に比べて高く、まだ自分の将来のリスクよりは今の生活について考えている人が多そうです。

※全生保は民保(かんぽ生命を含む)、簡保、JA、県民共済・生協等の計

20代男性 20代女性
年間払込保険料の平均 147,000円 114,000円
月間払込保険料の平均 12,250円 9,500円

出典:生命保険文化センター「生活保障に関する調査」
https://www.jili.or.jp/research/report/pdf/r1hosho/2019honshi_all.pdf

▲ 目次へ移動する

メンタル疾患やケガが多く、若くても女性はがんの心配も…20代が備えたいリスク

新生活が始まり、覚えることややりたいことも多い20代。使えるお金も限られていることもあって将来の不安やリスクよりも現在に目を向けがちですが、やはり保険料が安い段階で将来の安心に向けたリスク対策を取っておきたいところです。

20代の入院理由

厚生労働省のデータでは、20代男性の入院理由1位は「精神及び行動の障害」です。どの年代でも上位の入院理由ですが、20代は就職などの緊張や環境の変化などが影響していることも考えられます。また2位の「損傷、中毒及びその他の外因の影響」はこれは主に「ケガなど」のことで、他の年代よりもこの順位が高いのが20代男性の特徴です。女性は「妊娠,分娩及び産じょく」が1位で、男性の入院理由とは別に「健康状態に影響を及ぼす要因及び保健サービスの利用」が3位となります。

男性の入院理由
順位 傷病の種類 人数
(千人)
1 精神及び行動の障害 2.7
2 損傷、中毒及びその他の外因の影響 1.6
3 神経系の疾患 1.4
4 消化器系の疾患 0.8
5 呼吸器系の疾患 0.6
女性の入院理由
順位 傷病の種類 人数
(千人)
1 妊娠、分娩及び産じょく 6
2 精神及び行動の障害 2.9
3 神経系の疾患 1
4 健康状態に影響を及ぼす要因及び保健サービスの利用 1
5 新生物<腫瘍> 0.7

出典:厚生労働省「患者調査」平成29年度(https://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/kanja/17/dl/kanja.pdf

20代の死因

20代は男性の不慮の事故による死因が高く、女性は若い世代でも「悪性新生物(がん)」による死亡比率が高いので、若いから大丈夫と安心せず注意が必要です。

男性の死因 女性の死因
不慮の事故 悪性新生物<腫瘍>
悪性新生物<腫瘍> 不慮の事故
心疾患 心疾患
脳血管疾患 脳血管疾患

出典:厚生労働省「人口動態統計 年報」平成29年度(https://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/jinkou/geppo/nengai17/dl/h7.pdf
※上記資料を元に上位の死因をまとめています。

社会人になった際に会社の勧めで保険に入ったり、知識がないからとよく選ばずに保険を決めた人も多いでしょうが、20代はメンタル疾患やケガのリスクがあります。女性は妊娠・出産する人も多く、妊娠中は加入できない保険などもありますし、若いうちに保険に入った方が支払う保険料の総額が安くなるという面もありますので、保障内容をよく比較して保険の選択を行うといいでしょう。

▲ 目次へ移動する

どう選ぶ?20代での保険の見直し方・選び方のポイント

20代は気力体力に溢れてやりたいことも多く、なかなか自分の将来について思い至りませんが、まだ収入や貯金額も低めで、もし病気やケガをした時の医療費が負担になりやすい時期です。自分に万が一のことがあった場合を想定して保険の加入を検討しておくことをおすすめします。

20代の保険選びの3つのポイント

  1. 追加や変更がしやすい保険を中心に、まずは必要最低限の保障を確保

    追加や変更がしやすい保険を中心に、まずは必要最低限の保障を確保
    • まだ貯蓄が十分ではない人が多いため、最初に病気やケガによる入院・手術に備える医療保険の検討・確保を
    • 公的制度を前提にしつつも、就業不能保険で万が一働けなくなったときの収入減のリスクを軽減
    • 妊娠中では加入できない保険も。妊娠・出産を考えている女性は早めに女性疾病に備えた医療保障を確保
  2. ライフステージの変化に合わせて、保障内容の検討・見直しを

    ライフステージの変化に合わせて、保障内容の検討・見直しを
    • 独身のうちは公的制度で賄えない分だけを用意。掛け捨ての医療保険や最低限の死亡保険を準備
    • 結婚したら保険は家族の生活を守ることを目的に、医療保険や就業不能保険を中心に必要保障を確保
    • 子供が生まれたら入院した時の家事・育児費用の想定や学資保険、万が一の時の死亡保険を検討
  3. 余裕があれば早いうちから将来に備えて資産形成を検討する

    余裕があれば早いうちから将来に備えて資産形成を検討する
    • 貯蓄が苦手なら、早期解約してしまわない金額の範囲で積立保険を活用し、貯蓄しつつ税制優遇を
    • 早期加入すると掛金の負担が軽減できるため、少しゆとりがあれば将来に向けて個人年金保険や終身保険を検討
▲ 目次へ移動する

独身・夫婦・子供の独立…ライフステージ別の保険の選び方

20代の保険の選び方は、ライフステージによって大きく変わってきます。自身や家族の状況に合わせて必要な保障内容をチェックし、増えていく病気や万が一の時に備えて保険の見直しや新規加入を検討しつつ、今後の生活設計を具体的に考えていきましょう。

  • 独身の場合

    独身の場合

    独身の場合は、まず最低限の保障を確保することを念頭に。男性は病気やケガに備えるため、まずは医療保険を確保し、死亡保険は保険料の安い掛け捨て型で、少額保障を中心に考えるといいでしょう。女性は結婚や出産に備えて、医療保険をなるべく早めに確保するのがおすすめです。

    入っておきたい保険

    医療保険、 少額の死亡保険

  • 夫婦の場合

    夫婦の場合

    20代夫婦のみの場合、夫婦の働き方で選ぶ保険が異なります。共働きの場合、どちらか一方の入院・手術による治療費や収入減を補うために最低限の医療保険や就業不能保険を用意しておくのがおすすめです。一方が専業主婦(主夫)の場合、まず働き手に何かあった場合に備え医療保険と就業不能保険を確保し、残された家族が困らない程度の死亡保険も用意しておきたいところです。また、どちらとも今後子供が産まれる時のことを想定し、女性向けの医療保険を早めに確保するといいでしょう。

    入っておきたい保険

    医療保険就業不能保険、 死亡保険

  • 子供がいる場合

    子供がいる場合

    子供が産まれたばかりという人も多い20代。子供が小さいほど高額な死亡保障が必要となりますが、身近に子供や家族のサポートをしてくれる人がいるかどうかなどでも必要額は変わってくるので、実際に必要な保障額を計算して保険を選ぶことが大切です。子供ができる前に既に死亡保険に入っていたという人は死亡保険の必要補償額を見直したり、収入保障保険を組み合わせて保険料を抑えることも有効です。また、死亡よりも働けなくなるリスクの方が高いため、就業不能保険も確保しましょう。できれば子供の将来のために学資保険も準備しておきたいところです。

    入っておきたい保険

    医療保険就業不能保険高額の死亡保険、 学資保険

▲ 目次へ移動する

20代の保険選びのまとめ

  • Check 将来的にも必要な医療保険を保険料が安いうちに確保。特に女性は若くてもがんリスクは高いので早めに
  • Check ライフスタイルによって必要な保障が変わるので、優先順位が高いものから保障を確保し、随時見直しを
  • Check 収入や貯蓄も少ない年代。基本は公的制度を利用し、不足する分だけ保険でカバーするように考えよう

20代はライフスタイルに幅がある年代です。病気になったとしても自分や家族の今後に備え、安心して治療に臨めるよう、医療保険や就業不能保険への加入を検討することが大切です。また、ライフステージが変われば、必要な保障は変わります。この機会に保障内容をチェックし、保険の見直しや新規加入を検討するとよいでしょう。

保険選びに迷ったときはお金のプロへの相談がおすすめ!

自分が何を優先したらいいのか、どの商品を選べばいいのかわからない…そんなときはFPに相談してみましょう。FPは幅広いお金や保険の知識を持ち、あなたやご家族の状況やご希望から最適なライフプランが立てられるようサポートし、そのライフプランに合わせて必要な保険を複数の保険を提示してくれます。

お金のプロ FPに相談すると

  • ライフプランと合わせて、自分に必要な保障がわかる
  • 複数の保険を比較・検討し、自分にあった保険がわかる
  • 必要な保障を見直すことで将来のリスクに備えられる

保険料を抑えるだけで本当に大丈夫??
家族構成や年代、ライフプランから
あなたに必要な備えや総合的な対策をご提案します

※1 オンライン相談の注意点 ・一部地域ではオンライン相談に対応できない場合がございます。
・オンライン相談が可能なFPが限られるため、面談までお時間をいただく場合がございます。
・利用するオンラインツールはFPよりご案内いたします。
・オンライン相談にあたっての通信費は別途かかります。
・オンライン相談で取得した情報はFP相談以外の目的に使用されることはありません。
・保険商品などをご契約する場合は、契約時のみ対面での面談が必要になります。
事例

ファイナンシャルプランナー相談事例

  • 40代
    男性
    独身
    将来を見据えた保険の見直し、老後資金、資産の運用について相談

    金融のプロフェッショナルの方の説明はとても分かりやすく、疑問に思っていたことが全て解決し、相談できて良かったと思います。
    今回相談させていただいたFPさんは、大きな買い物をするときや、保険の見直しの機会に是非定期的に相談したいと思えましたし、金融に関しても信頼して相談できるパートナーとして今後もお付き合いしたいと思いました。

  • 30代
    女性
    夫婦
    結婚を機に10年ぶりの保険見直しの相談

    結婚という大きな転機だったので、意を決してサービスに申込みをしたところ、申込みもWEBで出来るし、日程調整も電話一本だけだったので気軽に利用できるものだなと、面倒がっていたことを後悔しました。今回利用させていただき、自分の将来の希望を伝えることで今後のライフプランを実際に説明してもらえたので、必要な保障内容を正しく理解して保険を見直すことができました。
    気軽に利用できるサービスでとても為になるので、機会があれば友人や家族にも紹介したいと思います。

ファイナンシャルプランナー相談の特徴

厳選したFPなので安心
相談の流れ

対象地域

※離島は除く

お金の悩みを相談する

よくある質問

保険募集代理店

FP相談を対応する生命保険共同募集代理店はこちら

運営会社

フィナンシャルプランナーを都道府県から探す

ページ上部へ