共働きの方が貯金できないってホント?FPが解説!貯金のコツ | リクルートの保険比較サイト【保険チャンネル】

共働きの方が貯金できないってホント?FPが解説!貯金のコツ

共働きの夫婦は収入が多い分、貯金も多いと思われがちです。しかし実際は「共働きなのに貯金ができていない!」という声がよく聞かれます。統計データを元に、共働き夫婦は年間いくら貯金できているかを解説。家計管理のパターン別に、貯金のコツをお教えします。

目次

20代、30代、40代…年代別平均年間貯金額は?

 共働きで働いていると、専業主婦の家庭より貯金ができていて当たり前…そんな風に思う人も多いのではないでしょうか。
 最近では、正社員やパートによる共働きの家庭が増えてきています。「男女共同参画白書」2018年版によると、共働き世帯が年々増加しており、1980年に614万世帯だった共働き世帯が2017年には1,188万世帯となり、同じく2017年の専業主婦世帯の641万世帯を大きく上回っています。

 共働きといっても、正社員かパートかによって収入が違いますし、また子供がいるかいないかによっても貯金ができる金額が変わってきます。
 まずは、共働きや専業主婦にかかわらず、2人以上世帯の平均貯金額を参考にみていきましょう。

下の表は、2018年調査「家計の金融行動に関する世論調査」の結果です。20歳代から70歳代の年代別の平均貯金額を表しています。

 この結果を見てみると、2018年度の2人以上世帯の平均貯蓄額は、全国の平均値が1,430万円、中央値が609万円となっています。
理想的な貯金の割合は何%?貯蓄率の目安を知って家計管理に役立てよう!

 最初に、平均値と中央値の違いについて説明します。

 平均値とは、合計金額を人数で割った金額です。そして中央値は金額が小さい順に並べていった場合、ちょうど中央に位置する金額です。

 この2つの数字を比べてみると大きく差があるのがわかりますね。

 平均値の場合、例えば貯金が0の人が多数いると数字が下がる場合がありますし、また多額の金融資産がある人がいたら数字がはね上がる場合があります。平均値、中央値ともにその時の回答者の状況や人数によって、現実からかけ離れた数字がでることがあります。もし、参考にするのであれば、中央値の方がリアリティがあるでしょう。

 これらを踏まえた上で、皆さんの貯蓄額と比べてみてどうでしたか?共働きなのに、自分の家庭はほとんど貯金ができていないという場合は、まずは中央値に近づくことを目標に貯金をしていきましょう。

<2人以上世帯の支出の内訳は?>
  では次に、2人以上世帯の支出についてみていきましょう。まずは、夫が20歳代で子供がいない夫婦、いわゆる新婚世帯の消費構造です。


 次に夫婦と子供が2人の世帯(長子が中学生)についてみていきます。

 

 この2つのグラフを比べてみると、「夫婦と子供が2人の世帯(長子が中学生)」のグラフでは「教育費」が大きな割合を占めていることがわかりますね。
  子供が生まれる前は、外食費が多かったり夫婦2人の教養娯楽にお金をかけたりすることができていますが、子供が大きくなるにつれて教育費が増え、外食費や教養娯楽費が少なくなってきています。

 新婚の間は夫婦ともにフルタイムでバリバリ働いていても、子供ができると妻が育児休暇を取ったり、時短勤務で働いたりすることで収入が減少することが考えられます。やはり、共働き世帯にとって一番の貯め時は、子供が生まれるまでだといえるでしょう。この時期にしっかり貯める仕組みを作っておくことが大切だと思われます。
  一度貯める仕組みを作ってしまえば、子供が生まれて収入が減ったとしても、ムリなくお金を貯めていくことができるのです。

貯蓄のお悩みをファイナンシャルプランナーに無料相談しませんか

共働きなのに貯まらないワケ

 一般的に、働き手が1人の世帯より共働き世帯の方が世帯年収が多く、その分貯金ができそうな気がしますね。でも、実はなぜか貯金ができていないという人がいるようです。

<お互い危機感がない>
  共働き世帯は収入が2つある代わりに、支出の窓口も2つになってしまうことがあります。

 収入が多い分、夫婦ともに「自分の収入は多少使っても大丈夫」と思ったり、「相手が貯めてくれているはず」と思い込んでしまうことも多いようです。夫婦ともにお金を使っても、現実に生活が成り立ってきているということから、「お金を貯めないといけない」という危機感が少なくなる傾向があります。

<お互いに収入を知らない>
  先ほど、収入の窓口が2つあるとお伝えしました。共働きでお金が貯まらない世帯の特徴の1つに、お互いの収入を知らないことが挙げられます。
  例えば妻が自分の収入内で、美容院やエステに行ったり、洋服やバッグを自由に購入したりしていて、夫に自分の収入や使い道を知られたくない場合。夫が週末にゴルフに行ったり、やたらと飲み会が多かったりしても、妻も、夫の収入や使い道を聞くことができないということがあるようです。

 お互いに収入を知らなくても実際毎月生活ができているので、お互いに今更聞けない・・・という気持ちがあるのかもしれません。

<家事が負担……>
  共働きで働いていると、帰宅してから家事をするのが億劫になることがあるでしょう。 仕事帰りにデパ地下でお惣菜を購入したり、休日は疲れが溜まって外食が増えたりすることもあるかと思います。また、定期的に家事代行サービスを利用する世帯もあると思います。
  1度や2度ならそんなに家計にとって負担にはならないでしょうが、回数が重なってくると、家計の負担になってくる場合があるでしょう。

FPがおススメ!貯まる家計にする方法

 このように、共働きでもなかなかお金が貯まらないという原因はいくつかありますが、いずれにしても収入が多い分、支出も多いということが言えそうです。

 夫婦2人で共働きの間は特に気にすることがなかった貯金の金額も、子供ができて学費のことを考え出した時やマイホームを購入しようとした時に、思った以上にお金が貯まっていない現実に直面して慌てるということになりがちです。
  そして、お互いに「相手が貯めていると思っていた」などと、夫婦喧嘩になってしまっては困りますね。
  「もしかしたら我が家のこと?」とドキッとした人は、ぜひ少しでも早いうちにお金が貯まる仕組みを作っていきましょう。

 ここでは共働き夫婦の家計管理のパターン別に、貯まる家計にする方法をお伝えします。


<費目分担タイプ>
  夫と妻がそれぞれ費目を分担するタイプ
です。例えば、夫の収入から光熱費や家賃、携帯電話代など口座引き落とし分を負担し、妻の収入は食費や雑費などの生活費を現金で管理するというように、支出の費目ごとに負担をする人を決めているというタイプです。

 このタイプの場合は、誰が何の費目を負担するかが明確になるので、毎月の支出の管理はしやすいでしょう。ただし、残ったお金は自由に使っていいと思ってしまうため、支出が嵩んでしまいがちです。
  費目分担タイプが貯蓄をしていくためには、通帳に残ったお金を全額自由に使うのではなく、毎月夫・妻ともにお小遣いの額を決めて予算化しましょう。そして、残ったお金をそのまま通帳においておくのではなく、夫・妻ともに先取り貯蓄をするようにしましょう。

 先取り貯蓄の方法としては、会社に財形貯蓄や企業型確定拠出年金などの制度がある場合は利用するのも手です。給与から天引きされるので、通帳に振り込まれる時にはなかったものとして、振り込まれた金額だけで遣り繰りをすればいいので楽チンです。
  また、会社に天引きの制度がない場合は、給与が振り込まれる通帳に自動積立口座を開くだけで自動的に先取り貯蓄をすることができますよ。


<金額分担タイプ>
  お互いの給与からお金を出し合って家計用の財布を作り、そのお金で遣り繰りするタイプ
です。お互いの給与が振り込まれる通帳とは別の口座に夫と妻それぞれが入金し、その口座から家賃や光熱費、携帯電話代などを引き落としたり、生活費などを引き出し生活費に充てたりするという方法が一般的ではないでしょうか。
  お互い負担する金額を決める方法は2つのパターンがあります。
  1つ目は、お互い給与の全額をとりあえず1つの口座に入金するパターン。2つ目は、お互いの収入の〇割と割合を決めて負担するパターンです。

 2つ目のタイプの場合、先ほどの費用分担タイプと同じように、共同の口座に入金して残ったお金は自由に使ってしまい貯金ができないということがあります。それを防ぐためには、まず、残るはずのお金は先取り貯蓄をし、共同の口座に入金したお金からそれぞれのお小遣いを予算化するといいでしょう。

 貯金を確実にする方法としては、それぞれの収入に応じて貯金の額も決めてしまうといいでしょう。一般的には手取り収入の2割程度が貯金の目安と言われています。ただし、子供がいない間は一番の貯め時です。子供がいない間は、手取り収入3割を目標に貯めていきたいですね。夫・妻それぞれ、自分の収入の3割を先取り貯蓄して確実に貯めていくようにしましょう。


<1人の収入で生活するタイプ>
  夫の収入で生活し、妻の収入はまるまる貯金をするというパターン
です。
  毎月確実に貯金することができますし、もし妻が仕事を辞めたとしても夫の給与だけで生活できるので安心です。

 ただし、貯金を妻の収入に任せてしまい、夫の給与を全額使うクセをつけてしまうと、本当に妻が仕事を辞めた時に困ります。また、妻名義で貯金をしていくことで夫がどのくらい貯金があるのか把握できなかったり、夫が頑張って働いても夫名義の貯金が増えていかなかったりと、夫のモチベーションが下がることが考えられます。

 妻は、自分のお小遣いは自分の収入から負担し、夫も自分の給与から先取り貯蓄をするなど夫婦2人が働いて夫婦で一緒に貯金をしている、という意識を持つようにしたいですね。

貯金の目的を夫婦で話し合おう

 それぞれの家庭のパターン別に、確実に貯金をする方法をお伝えしました。

 ただ闇雲に貯金をするのではなく、貯金の目的を夫婦でしっかり話し合って共有することが大切です。
  例えば老後資金や住宅資金、教育資金など、長期的にコツコツ積み立てていく資金や、〇年後に旅行に行きたい、電化製品を買い替えたい、など数年先に必要になる資金は毎月の給与から積み立てていく。毎年必ず必要な車の税金や帰省費用などの特別支出は、ボーナスで準備をしていく、など、夫婦で貯金の計画をたてましょう。

 「いつ」「何のために」「いくら」貯めていくのかを共有し、お互いの収入を見える化することで、今まで共働きでもなかなか貯めることができなかった世帯も、協力して貯めていこうという目的を持つことができます。


 そうは言っても、「なかなかお金の話ができない」「何に使っているか知られたくない」という思いから、話し合いがスムーズに進まない場合があるでしょう。その時は、否定的な言葉で言い争いをするのではなく、あくまでも夫婦や子供が生まれたあとの家族の明るい将来を想像することから始めてみてはいかかでしょうか。


 どのようにしたら効率的に貯金ができるのか、目的に合った貯め方はどんな方法があるのか迷った時は、FPに相談してみるといいでしょう。その時は夫婦で一緒に相談することをおススメします。FPが中立の立場で客観的にアドバイスすることで、夫婦だけでは見えなかったベターな方法が見つかることがあります。

 せっかく共働きで収入が多いのですから、家族の幸せな将来に向かって少しでも早いうちからしっかりお金を貯めていきましょう!


※ 本ページに記載されている情報は2019年5月31日時点のものです

安部 智香

短大卒業後、証券会社に勤務。在職中は資産運用のアドバイスを担当。結婚退職後は、証券会社在職中に得た知識を活かし投資による資産形成を行っていたが、周りの主婦の大半は投資の方法を知らないことに気付く。そのため、「もっとお金のこと、家計のこと、資産運用のことを伝えたい」という思いで個人事務所を立ち上げる。個別相談、執筆業務、マネーセミナー講師として活動中。著書は「幸せなお金持ちになるマネーレッスン♪」(パブラボ)