貯金が苦しい50代、ラストスパートの貯め方とは?FPが教えます | リクルートの保険比較サイト【保険チャンネル】

貯金が苦しい50代、ラストスパートの貯め方とは?FPが教えます

50代に入ったのにあまり貯金ができていない、これから老後資金を貯められるだろうか?と不安な方へ。50代のお金の貯め方にはコツがあります。退職や老後が視野に入ってきた50代の、上手な貯め方を紹介しましょう。

目次

50代の平均貯蓄額は?

貯蓄ゼロ世帯も含めた平均貯蓄額は1,481万円、中央値は900万円
 50代はお金の面で人生の一番きつい上り坂かもしれません。
年齢とともに収入も増えてきたものの支出も大きく膨らみます。子どもがいる世帯ではもっとも教育費がかかる時期というケースが多いですし、定年前に住宅ローンを少しでも返したいと繰り上げ返済に励む世帯もあるでしょう。
親の介護が始まり、親元に帰る回数が増えて交通費がかさむ人もいるかもしれません。50代の10年間は、現役時代の最後の踏ん張り時とも言えます。そんな時期を過ごす50代はどれくらいの貯蓄を持っているのでしょうか?
調査によれば、50代の平均貯蓄額は1,481万円となっています<「家計の金融行動に関する世論調査2018年」(2人以上世帯調査)より、年齢は世帯主>。
ただし平均値は、極端に多い人や少ない人がいると、多い方や少ない方に偏ってしまう性質があるので、全部の人を多い順から並べたときの真ん中にあたる中央値の方が実感に近いと言われています。50代の貯蓄額の中央値は900万円です。
そして実は、この中には貯蓄ゼロ世帯が17.4%含まれています。この調査における貯蓄=金融資産の定義は、「普通預金か定期預金かなどにかかわらず、運用のためや将来に備えている部分」となっています。つまり口座に残高があっても生活費と見なす分は含まない、あくまで将来のために貯めている貯蓄額ということです。貯蓄ゼロといっても、多少の残高はある人から全くゼロの人までいることが推測されます。
貯蓄保有世帯の平均貯蓄額は1,828万円、中央値は1,186万円
貯蓄ゼロ世帯をはずして、貯蓄保有世帯だけでみると、平均貯蓄額は1,828万円、中央値は1,186万円に上がります。ご自身の貯蓄額と比べていかがでしょうか?
貯蓄額の分布の山は両側
上記の調査では、貯蓄額の分布も紹介されています。山は真ん中ではなく両側にあり、1,000万円以上貯めている人が4割強いる一方で、貯蓄ゼロおよび100万円未満が2割います。

実際にFPとして家計相談を行っていても、50代の家計はしっかり貯めている世帯からそうでない世帯まで差が大きく多様であると感じます。とはいえ50代の家計に多くみられる特徴もあります。

貯蓄のお悩みをファイナンシャルプランナーに無料相談しませんか

50代の家計の特徴とは?

教育費がピークで収入は頭打ち
結婚や出産年齢により差はありますが、子どもがいる世帯では、子どもは高校生や大学生となり教育費はピークに達します。
一方で、役職定年などで、会社員の場合は収入が頭打ちになったり減少したりする世帯も少なくありません。これを補おうと妻がパートで働くケースが増えます。毎月のやりくりで精一杯の時期ですが、少し俯瞰して家計をみると、もう一踏ん張りすれば楽になることがわかります。
今後は支出を大きく減らせるケースが多い
●私立高校や大学の学費は、年間数十万円から200万円程度
卒業して社会人になれば、この分がなくなります。
●夫婦2人になれば生活費が減少する
子どもが自立すれば食費や光熱費などの生活費を減らせます。子どもをしっかり自立させることが重要です。
●住宅ローンが終われば維持費用のみに
繰り上げ返済で予定よりも早く返し終えれば、当面は固定資産税などの維持費ですみます。
減少する支出の分を貯蓄に回すことを含め、ラストスパートをかけて貯蓄のペースを上げていきたいですね。
その際、ぜひ立てたいのが貯蓄の目標です。

貯蓄目標の決め方

ただやみくもに貯めるのではなく、今後を見通して目標を立てましょう。「これから貯めたい金額」は次のように考えます。
A老後のために準備しておきたい資金-(現在の貯蓄額+退職金など-65歳時点の住宅ローンの残高※)=これから貯めたい金額 ※公的年金を受取り始める65歳時点で住宅ローンを返し終わらない場合は、これを差引きます。
Aは次のように計算します。
公的年金だけでは足りない毎月の生活費の30年分※※+自宅のリフォームや入院費用などの予備費
※※65歳から95歳までの30年を想定。
公的年金だけでは足りない毎月の生活費
●予測される毎月の生活費から年金見込額の手取りを引いて出します。
・年金見込額はねんきん定期便で確認し、夫婦2人分を合算した後、手取りを8割とする
例えば、夫婦合わせた見込額の月額が25万円なら手取りは20万円
・生活費の予測額は、現在の生活費から考える
 例えば、現在は月30万円使っているが、子どもが独立すれば25万円くらいで収まりそう
計算してみましょう。
予測される毎月の生活費25万円-年金見込額の手取り20万円=毎月5万円の不足
30年間では、5万円×12カ月×30年=1,800万円
自宅のリフォームや入院費用などの予備費
この金額は世帯により違ってきますが、500万円~2,500万円程度を目安に決めましょう。
A老後のために準備しておきたい資金の計算例
公的年金だけでは足りない毎月の生活費が1,800万円、自宅のリフォームや入院費用などの予備費として700万円を見込むなら、1,800万円+700万円=2,500万円
A老後のために準備しておきたい資金は2,500万円となります。
貯蓄目標の計算例
先ほど紹介した計算式に数字を入れてみましょう。
●計算式
A老後のために準備しておきたい資金-(現在の貯蓄額+退職金など-65歳時点の住宅ローンの残高)=これから貯めたい金額
A老後のために準備しておきたい資金2,500万円
現在の貯蓄額900万円
退職金1,500万円
60歳時点の住宅ローンの残高700万円なら
2,500万円-(900万円+1500万円-700万円)=800万円

老後資金はいくら必要?公的年金だけで足りるの?夫婦&シングルの場合

毎月の積立額と貯まる金額の目安

余裕分をまとめて貯金しようと思っていても、なかなか貯まらないものです。確実に貯めていくには積立てにするのが一番。銀行では毎月の積立額を決めて申し込む自動積立定期預金を利用できます。
50歳から65歳までなら15年、55歳から65歳までなら10年の時間があります。
10年または15年でどれくらいの金額を貯められるか、毎月の積立金額ごとに計算してみました。

これから貯める目標金額から、毎月の積立額をいくらにすればいいか表で確認してください。目標金額が800万円で期間が10年なら毎月7万円が目安となります。捻出できそうですか?
冒頭でも紹介したとおり高校や大学の授業料は、学校や学部により数十万円から200万円程度かかりますから、月額に直せば数万円から10万円以上になります。また妻のパート収入も10万円前後は稼いでいる人も多いでしょう。今は月3万円が精一杯だけど、3年後には学費がなくなるから月10万円貯められるなど、今後の予定からどれくらいの金額を貯められそうか、目標額を達成できそうか、計算してみましょう。
ちょっと厳しいなあと感じた人は、もう一度、お金の使い方を見直しましょう。無駄な出費はないでしょうか?
表の金額は元本のみを貯めた場合のものです。運用で増やすことができれば合計額はもっと多くなります。積立てを定期預金ではなく、投資信託で行うこともできます。現在、投資の収益が非課税になる「つみたてNISA」も利用できますから、検討してみましょう。
老後に向けて、50代からの貯金を確実に行うために、一度じっくり家計の棚卸しをしたいと考える人もいそうですね。FPに相談して貯金のプランを立てるのもおすすめです。
※本ページに記載されている情報は2019年1月21日時点のものです
監修:株式会社プラチナ・コンシェルジュ 

坂本 綾子 (ファイナンシャルプランナー)

大学在学中より雑誌の編集に携わり、卒業後に取材記者として独立。1988年よりマネー誌、女性誌にて家計管理や資産運用の取材記事を執筆。1999年ファイナンシャルプランナー資格取得。執筆に加えて、家計相談やセミナー講師も務める。