医療保険のお役立ちコラム | リクルートの保険比較サイト【保険チャンネル】

医療保険のお役立ちコラム一覧

知っておきたい医療保険の基礎知識や選び方のコツなど医療保険選びに役立つノウハウが満載です。

知って得する!医療費控除

出産については、健康保険の給付や市町村の助成金などによりコストが抑えられるしくみになっていますが、それでも出費がかさむときがあります。そういうとき、最後に効くのが医療費控除です。負担した金額に応じて所得税額が減額され、税金が還付されるしくみです。ただし、医療費控除を受けるためには確定申告が必要になります。

あなたにあった医療保険のシンプルな選び方

医療保険は種類も豊富で、医療保険の選び方がわからないといった声もよく聞かれます。実は、医療保険は、入院給付金日額、先進医療特約、入院限度日数の3つに絞ってチェックするだけで、意外に簡単に、あなたにあった保険を選ぶことができます。あまり複雑に考えずに、シンプルに考えてみましょう。

自己負担になる差額ベッド代は医療保険でカバーできる?

病院が差額ベッド代を請求するには、患者さんの同意が必要なのをご存じですか。さらに、差額ベッド室に入室しても支払い義務がないケースもあるなど、差額ベッド代にはさまざまな決まりごとがたくさんあります。「差額ベッド代」は、医療保険を比較していると出てくる重要なキーワード。この機会に疑問を解決しておきましょう。

意外と利用できないことをご存じですか?高額療養費制度の実情

「医療機関での自己負担分の支払いが高額になっても、高額療養費があるから大丈夫」だと思っていませんか?実は、意外とこの高額療養費は使いづらいのです。ということは、高額療養費制度は万全な制度ではなく、医療費に対する不安を100%払拭してくれないということを認識する必要があります。今一度高額療養費制度について学び、どういった場合に高額療養費の対象にならないのか理解しておきましょう。

平成27年1月から高額療養費制度が変わった!改正のポイントは?

高額療養費制度が改正され、平成27年1月診療分からの高額療養費の自己負担限度額が変更となりました。改正によって70歳未満の所得区分が3区分から5区分に細分化され、年収約370万円以下の人の医療費負担が軽くなる一方、年収約770万円以上の人の医療費負担は増加しました。そこで、高額療養費制度の改正のポイントを紹介しながら、医療費に対してどのように備えたらいいのかを考えてみたいと思います。

傷病手当金があるから病気やけがをしても安心!?

会社員や公務員が加入する健康保険には、業務外の病気やけがで会社を休んだ場合に生活を保障してくれる「傷病手当金」という制度があります。しかし、この制度は100%今までの生活を保障してくれるものではありません。そこで、この傷病手当金について理解し、病気やけがで働けなくなった場合を想定することが必要となります。

申請漏れの可能性も…?高額療養費を自分で計算してみよう!

高額療養費の自己負担限度額は年齢や所得によって異なります。高額療養費を計算する場合にはまず自分がどの区分に属するのかを調べ、それぞれの計算式にあてはめて求めましょう。ただし、高額療養費には医療費を合算する場合のルールや、家族の医療費を合算できる「世帯合算」、自己負担限度額がさらに軽減される「多数回該当」などの仕組みもあり、知らずにいると「申請を忘れてしまった…」などということも起こりかねません。そのようなことにならないよう、この機会に高額療養費の計算方法をチェックしておきましょう。

限度額適用認定証の提示で負担がさらに軽減 知らないと損をする高額療養費

公的医療保険には高額療養費という制度があり、病院窓口で支払った医療費が自己負担限度額を超えた場合には、医療費を払い戻してくれるのをご存じですか。また、医療費が高額になると分かっている場合には、あらかじめ交付された限度額適用認定証を窓口で提示すると、自己負担限度額の支払いのみで治療を受けることもできます。いざという時に備えるためにも、高額療養費制度に関する疑問を解決しておきましょう。

医療保険に入る前に知っておきたい付加給付制度

健康保険には、一定額を超えた医療費を払い戻してくれる「付加給付制度」があるのをご存じですか。付加給付制度があるおかげで、高額になりがちな私たちの医療費負担をさらに軽減してくれます。ただし、療養中は医療費だけでなく、通院費や休業中の生活費などさまざまな出費が想定されるため、経済的な不安は解消されません。そこで選択肢のひとつとして浮上してくるのが医療保険です。効率よく保障を充実させるためにも、医療保険を検討する前に付加給付制度をチェックしておきませんか。

医療保険の選び方

医療保険の保障の中心は、入院給付金と手術給付金です。入院給付金は何日分出るのか、手術給付金はいくら出るのかなどで保険料が異なります。また、付加できる特約も各社さまざまです。どのような点に注目すればよいかなど、医療保険の選び方を解説します。