生命保険のお役立ちコラム | リクルートの保険比較サイト【保険チャンネル】

生命保険のお役立ちコラム一覧

知っておきたい生命保険の基礎知識や選び方のコツなど生命保険選びに役立つノウハウが満載です。

生命保険の保険金を受け取ったときにかかる税金

生命保険の保険金を受け取ったときにかかる税金は、その生命保険の「契約者」「被保険者」「受取人」の関係性によって変化します。また、その保険金が「死亡保険金」なのか、「満期保険金」なのかによっても異なります。このページでは、生命保険に関する契約の名義と保険金の種類に応じた税金の種類、税金の金額について解説していきましょう。

自分に必要な生命保険の賢い選び方

生命保険は人生において2番目に高い買い物といわれます。月々の保険料は数千円、数万円かもしれませんが、一生涯、生命保険に加入し続けると、住宅購入に次いでお金がかかるものと考えられているのです。高額なものだからこそ、自分にぴったりの生命保険を慎重に選びたいものです。このページでは、自分にとって最適な生命保険を選ぶ方法を4ステップに分けて解説しています。初めて生命保険に加入する人も、乗換えを考えている人もぜひチェックしてください。

年末調整の生命保険料控除で所得税・住民税を節約する

「生命保険料控除」とは、加入している各種保険の保険料の金額に応じて、税金の負担を軽くできる制度です。このページでは、生命保険料控除の基礎知識から、新制度と旧制度の違い、生命保険料控除の適用金額の算出方法、実際に節約できる税金の金額まで詳しく解説していきます。

生命保険を見直す適切なタイミングとポイント

生命保険は定期的に見直すことが大切です。なぜなら、ライフステージの変化によって必要な保険金額、保険の種類なども変化するからです。自分にとって必要な保障を把握し、保険金額や保険の種類などを見直すことで、一生涯に支払う保険料が数百万円というレベルで節約できることもあります。このページでは、生命保険の必要保障額の計算方法から生命保険を見直すタイミングとポイント、注意点まで詳しく解説していきます。

生命保険とは

生命保険は、死亡したり入院したりすることで、日々の生活や将来のライフイベントが経済的な理由で困難にならないようにするための保険です。生命保険の仕組みを正しく理解すれば、生命保険を上手に活用することができます。

生命保険で備える家族の生活費の考え方

死亡保障を考えるときは家族の今後のライフプランが実現するよう必要保障額を見積もります。はじめに見積もる金額は「生活費」です。万が一の後、ライフイベントの実現以前にベースとなる生活費から計算します。

20代と40代では目的が違う!ライフステージで決める生命保険の選び方

最適な生命保険とは、「経済的リスクを過不足なくカバーできるもの」だといえます。生命保険を正しく選ぶためには、20代・30代・40代など年代によっても異なるライフステージを踏まえて、今後のライフプランを具体的に想像することが必要不可欠です。あなたにとってベストの保障内容を知るために、各ライフステージに適した生命保険について説明します。

必要保障額を計算してみよう

必要保障額とは生命保険で準備する保障額のことです。必要保障額の計算は四則演算でできるシンプルなものです。自分や家族のライフプランを整理して、万が一の後に必要な資金の総額を見積もります。その方法を解説します。

児童扶養手当がもらえる家庭とは?シングルファーザーも対象に

児童扶養手当と聞くと、皆さんはどのような人が受給できると想像しますか?これは児童手当とは異なるものであり、父母の離婚などで父または母と生計を同じくしていない児童のいる家庭の、生活の安定と自立の促進を目的とした手当になります。
実はここ数年で児童扶養手当を受給できるご家庭の範囲が変わってきています。いったいどんな人が受給できるのでしょうか?またどれぐらい支給されるのでしょうか。児童扶養手当に関して解説していきたいと思います。

生命保険料控除って?どのように申告するの?

平成24年より、生命保険料控除の仕組みが変わったことをご存じでしょうか。特に、平成24年以降に追加で保険に加入した場合や初めて保険に加入した場合には、変更後の生命保険料控除の仕組みが適用されるため注意が必要です。ここでは、生命保険料控除について仕組みを説明するとともに、改正された点についても解説します。また、生命保険料控除の適用を受けるための手続きについても解説していきたいと思います。

公的年金を知ろう

公的年金は国民年金と厚生年金がありますが、それぞれどのような人が加入しているのでしょうか?また、公的年金には老後の年金以外の保障もあり、残された家族が受給できる遺族年金もあります。生命保険を考えるにあたり、公的年金からどのような保障を受けられるかを知っておく必要があります。

生命保険の種類

生命保険の種類は大きく4つです。それらの種類の発展系があり生命保険の種類を構成しています。種類によって利用方法もさまざまです。どのような種類の保険をどのような目的で利用するのか理解しておくと上手な保険選びができます。

団体信用生命保険に加入したら生命保険を見直そう

住宅ローンの借り入れでは、ほとんどの場合、団体信用生命保険に加入しなくてはなりません。団体信用生命保険は、万一のときに住宅ローンの残高を清算してくれるものです。死亡保障が増えることになるので、住宅ローンを組むタイミングでほかの生命保険も含めた見直しをするよい機会になります。

生命保険見直しのポイントと注意点

生命保険は一度入ったらそのままにしていてはいけません。保険証券がタンスの肥やしになっている人が多いのでは?予定していたライフイベントが終了したり、新たなライフイベントが増えたりなど、万が一の後の必要な資金は変化します。頻繁に見直す必要はありませんが、数年ごとにチェックをして必要であれば見直しをしましょう。

DINKSでの生命保険の入り方

DINKSとは共働きで子どもを持たない夫婦のことで、Dual Income No Kidsの頭の文字を並べたものです。共働きで子どもがいない夫婦に果たして生命保険は必要なのでしょうか?

遺族年金を考えよう

生命保険の必要保障額を考えるうえで遺族年金の受給額は大切なポイントです。どの遺族年金をどのくらいの期間、いくらくらいもらえるのか、を自分の場合で知ることが大切です。遺族年金の仕組みと、受給額の試算の方法について紹介します。

あなたにおすすめの生命保険は?

生命保険のおすすめはこれ!売れ筋の生命保険ランキングは!といった情報は生命保険に限らずあまり買い物慣れしていない商品やサービスでは知りたいものです。おすすめされたり、ランキングの上位になったりするにはそれなりの理由があるはずです。その理由とは何でしょうか?

保障は必要に応じて見直したい!そう考える人の生命保険選び

生命保険には様々な商品がありますが、保険期間をみると20年や30年など長期にわたる契約が多いようです。契約から時間が経過すると生活環境や家族構成、さらには経済状況も大きく変わってしまうため、保険の見直しは必要不可欠です。安心して家族が暮らしていくためにも、定期的に加入している生命保険を見直して必要な保障を充実させたいものです。どんなときに保険を見直して、どんな方法で必要な保障を追加すればいいのでしょう。保険の見直しポイントを紹介します。

生命保険の解約返戻金と満期保険金は、特徴を知っておかないと損をする!

生命保険を検討する際に「掛け捨ての生命保険はもったいないから、解約返戻金や満期保険金がある生命保険にしよう…」と考える人も多いことでしょう。生命保険には貯蓄機能もあるため、上手に使えば計画的に資産形成できます。しかし、解約返戻金や満期保険金のことを正確に理解していないと、資産形成どころか損をしてしまうこともあります。解約返戻金と満期保険金は生命保険を選ぶときの重要なキーワードです。この機会にチェックしておきましょう。