学資保険のお役立ちコラム | リクルートの保険比較サイト【保険チャンネル】

学資保険のお役立ちコラム一覧

知っておきたい学資保険の基礎知識や選び方のコツなど学資保険選びに役立つノウハウが満載です。

学資保険の加入率 10歳未満の子どもがいる親の約6割が加入

高い貯蓄性と保障機能を備えた学資保険の加入率は高く、10歳未満の子どもがいる人のうち約6割が学資保険に加入していました。学資保険にはお子さんの入学や進学のタイミングにあわせて給付金を受け取れるタイプもあれば、保護者に万が一の事態が起きた場合の保障が充実したタイプもあります。学資保険のどこに魅力を感じて加入したのか、学資保険を選ぶときのチェックポイントは何か、データから読み解いてみましょう。

子どもの教育費への備え 学資保険と貯金どっちが有利なの?

学資保険は保障機能を備えた定期預金のような商品で高い貯蓄性が魅力ですが、流動性が低いというデメリットもあります。そのため、お子さんの教育資金を用意するには「学資保険」だけでなく、流動性の高い「貯金」も上手に活用してバランスよく準備するのがポイントです。まずは、学資保険と貯金のメリットとデメリットをチェックして、無理なく無駄なく、お子さんの将来へ備えていきましょう。

学資保険とは?保障内容を詳しく知ればその魅力も倍増!

学資保険とは保障機能がついた定期預金のような保険で、支払った保険料よりも多くの金額を受け取れるケースもあります。このように学資保険は貯蓄性が非常に優れているため、たくさんの人がお子さんの教育資金の積み立てに利用しています。そこでこれから学資保険に加入しようという人のために、学資保険にはどんな魅力があるのか、そして、どんなことに注意して学資保険を選べばいいのか、皆さんの疑問にお答えしたいと思います。

学資保険はやっぱり必要 不足する教育費をカバーする選択肢として有効

お子さんの成長はうれしいものですが、入園や入学・進学を考えると、まとまった出費に備えなくてはなりません。年々増える教育費には頭を抱えてしまいますよね。そんな悩みを解決する手段として、学資保険は有効な選択肢のひとつになります。まずは、これから必要になるお子さんの教育費をチェックして、いつまでにいくら準備しなくてはならないのか調べておきましょう。学資保険はやっぱり必要だと、きっとそう思うはずです!

種類が多い学資保険 迷わない選び方と比較するポイントを紹介!

お子さんの教育費を考えると、なんらかの備えが必要になってきます。その選択肢のひとつが「学資保険」です。とても魅力的な商品が多い一方で、さまざまな保険会社が特色のある学資保険を提供していて、どれを選べばいいのか迷ってしまいます。そこで、これから学資保険の加入を検討されている人のために、保険会社を比較する前に何をしておけばいいのか、学資保険の選び方を詳しく紹介します。