ネット生保はおすすめ? | リクルートの保険比較サイト【保険チャンネル】

ネット生保はおすすめ?


87_アイキャッチ

インターネットの普及で“ネット生保”と呼ばれる新しい業態が確立されました。インターネット専用の商品が開発されるなど、今までの対面販売とは異なるメリットが期待できます。
掲載日:2017年06月07日

1.ネット生保ならではのメリットとは?

ネット生保とはインターネット専業の生命保険会社のことです。もう少し見方を広げてみてみると、代理店や直接販売もしているが、ネットでも販売している生命保険会社もネット生保といってよいでしょう。ネット生保のメリットをいくつか紹介しましょう。

●いつでもどこでも
インターネットにつながる環境とパソコンがあれば時間や場所を問いません。自分の好きな時間に好きな場所でじっくり商品比較をしたり、内容を調べたりすることができます。
もしわからないことがあればコールセンターを設けている会社がほとんどですので、電話で問い合わせをすることが可能です。生命保険は普段あまり接しない商品ですので、はじめから自分で判断するのは難しいことも多いでしょう。サイト内には保険選びに役立つコンテンツも充実していますが、解決できない疑問が少しでもあったら電話で問い合わせることが大切です。メールでも対応してくれる保険会社もあります。

●割安な保険料
ネットで申し込みができる生命保険の商品はインターネット専用の商品であることが多く、シンプルで理解しやすいつくりになっているのが特徴です。代理店や営業員を介して販売する商品をネットで販売している保険会社もありますが、ネットではオーダーメイドを極力なくし、パッケージにすることでシンプルにしています。
また、シンプルで営業員を介すことがないので保険料が割安であることが最大の魅力でしょう。保険料は保険金の支払いに充てるため、純保険料と保険会社の事業運営に必要な付加保険料で構成されています。ネットで申し込みができる保険は、この付加保険料を低く抑えることができるため割安になっています。

ちなみにインターネット専業の保険会社も普通の保険会社も同じ法律のもとで運営されているので、契約に関する決まりや消費者保護、破たんした場合の保護制度などは同じです。

2.ネット生保が向いている人

ネット保険を利用する場合の一番の注意点は、補償内容を誤解して申し込んでしまうことでしょう。対面での申し込みの場合でも誤解してしまうことはありますが、人が対応しているため大きな食い違いは出にくいといえます。ネット生保の場合、そもそも目的と違った保険を一生懸命調べていた場合、その間違いに気づいてくれる人がいません。コールセンターへ電話をする機会があれば気づいてくれることもあるもしれませんが・・・・。
ネット生保を利用するのであれば、多少の知識を持っておくことが大切でしょう。ネット生保が向いている人は、ある程度の探究心があって判断力がある人といえるでしょう。

●ネット保険が向いている人
■忙しい人
とにかく時間がない人はネット生保が向いています。とはいえネットで選ぶときにはしっかり時間を確保して選びましょう。

■割安保険料最優先の人
保険料をできるだけ安くしたい人。生命保険の商品に安かろう悪かろうはありません。対面で販売している商品よりは融通が利かないことも多いですが、その分シンプルにして保険料を安くしています。そこを理解できるのであればネット生保は向いています。

■自分で調べて自分で決めたい人
いろいろ調べて比較検討することが好きな人、自分で判断して決めたい人はネット生保が向いています。インターネットでは比較サイトも活用できるので便利です。

●ネット保険が向いていない人
■ネットショッピングが苦手な人、不安な人
そもそもネットで買い物することが苦手で不安な人は向いていません。しかし、ネットでいろいろ調べたり比較検討したりすることは積極的に行いましょう。

■健康状態に自信がない人
ネットでの申し込みは営業員が対面しない分、健康状態についての規定が厳しめな傾向にあります。健康状態に自信がない人はまずはコールセンターに電話するなどして、難しそうであれば代理店に聞いてみるとよいでしょう。

■アドバイスをもらいたい人、保険をトータルで面倒を見てほしい人
自分の保険アドバイザーから保険を提案してほしい人には、ネット生保は向いてないでしょう。複数の保険もあわせてトータルで自分にあったアドバイスを求めるのであれば代理店での加入が適当です。

キーワード