「お得情報」のお役立ちコラム | リクルートの保険比較サイト【保険チャンネル】

「お得情報」のお役立ちコラム一覧

「お得情報」タグのついた保険お役立ちコラムです。

申請漏れの可能性も…?高額療養費を自分で計算してみよう!

高額療養費の自己負担限度額は年齢や所得によって異なります。高額療養費を計算する場合にはまず自分がどの区分に属するのかを調べ、それぞれの計算式にあてはめて求めましょう。ただし、高額療養費には医療費を合算する場合のルールや、家族の医療費を合算できる「世帯合算」、自己負担限度額がさらに軽減される「多数回該当」などの仕組みもあり、知らずにいると「申請を忘れてしまった…」などということも起こりかねません。そのようなことにならないよう、この機会に高額療養費の計算方法をチェックしておきましょう。

限度額適用認定証の提示で負担がさらに軽減 知らないと損をする高額療養費

公的医療保険には高額療養費という制度があり、病院窓口で支払った医療費が自己負担限度額を超えた場合には、医療費を払い戻してくれるのをご存じですか。また、医療費が高額になると分かっている場合には、あらかじめ交付された限度額適用認定証を窓口で提示すると、自己負担限度額の支払いのみで治療を受けることもできます。いざという時に備えるためにも、高額療養費制度に関する疑問を解決しておきましょう。

子どもの教育費への備え 学資保険と貯金どっちが有利なの?

学資保険は保障機能を備えた定期預金のような商品で高い貯蓄性が魅力ですが、流動性が低いというデメリットもあります。そのため、お子さんの教育資金を用意するには「学資保険」だけでなく、流動性の高い「貯金」も上手に活用してバランスよく準備するのがポイントです。まずは、学資保険と貯金のメリットとデメリットをチェックして、無理なく無駄なく、お子さんの将来へ備えていきましょう。

学資保険とは?保障内容を詳しく知ればその魅力も倍増!

学資保険とは保障機能がついた定期預金のような保険で、支払った保険料よりも多くの金額を受け取れるケースもあります。このように学資保険は貯蓄性が非常に優れているため、たくさんの人がお子さんの教育資金の積み立てに利用しています。そこでこれから学資保険に加入しようという人のために、学資保険にはどんな魅力があるのか、そして、どんなことに注意して学資保険を選べばいいのか、皆さんの疑問にお答えしたいと思います。

通院給付金だけじゃない!損をしないがん保険選択のチェックポイント

日本で初めてがん保険が発売されたのはいつかご存じでしょうか。実は既に40年以上前にさかのぼり、1974年になります。現在は数多くのがん保険が発売されているため、ご自身にとってどのがん保険を選べばよいかお悩みになる方も多いことでしょう。
そんなあなたに、がん保険を選ぶ際のポイントを伝授します。ポイントは大きく分けて5つあります。その5つとは、がん診断給付金、上皮内がんも保障されるかどうか、入院給付金、先進医療、通院給付金です。この5つをどう考えるかで加入するがん保険は異なるのです。