海外旅行に行く人の海外旅行保険の加入率は? | リクルートの保険比較サイト【保険チャンネル】

海外旅行に行く人の海外旅行保険の加入率は?


海外旅行に行く人の海外旅行保険の加入率は?

海外旅行保険の加入率について、パッケージツアーでの加入者の割合や、加入に際して書面やインターネットなど、経路ごとにメリットとデメリットを解説して、内容を詳しく説明します。そして最後に、具体的な海外旅行保険の利用事例を交えて、海外旅行保険の加入の必要性について解説していきます。
掲載日:2016年7月20日

海外旅行保険の加入率はどのくらいか

海外旅行保険の加入率については5割程度の加入率といわれていて、海外旅行保険全体の市場から考えると、決して高い水準ではありません。また、クレジットカード会社に付帯している海外旅行保険のみでよいとして、海外旅行の際に改めて保険を掛けない人も多く、海外旅行のリスクに対して十分な補償がされているとはいえない現状があります。

海外旅行保険の加入はどのような経路で申し込みができるのか、経路ごとのメリットとデメリットは

海外旅行保険をどのように申し込むかですが、大きく分けて書面とインターネットの2種類で申し込み方法が挙げられます。それぞれのメリットとデメリットですが、インターネット経由で申し込んだ際のメリットは、いつでも申し込みや見積もりができることがその最大のメリットです。また、書面とは違ってインターネットでいつでも申し込みができるだけではありません。インターネット上で申し込むと、特有の割引が適用されたり、申し込みの手続きの人件費や店舗の維持費などがかなり削減されたりするため、保険料が書面で申し込むよりもかなり安くなります。また、一括して見積もりできるサービスなどもあり、時間も節約することができます。一方デメリットとしては、インターネット経由での申し込みは手軽で申し込みがしやすい反面、旅行の目的にあった保険を自分で比較検討して、調べなければなりません。窓口での対面営業がないため、加入を検討するときには、ある程度保険の知識を自分で身につけておく必要があるといえます。一方、対面営業での書面申し込みの最大のメリットとしては、専門的な知識を有する窓口の人に直接疑問点をその場で聞くことができる安心感です。インターネットの扱いに不慣れな人でも、窓口であれば疑問点を解決できます。一方でデメリットとしては、その保険料の高さです。人件費や店舗の維持費がかかるため、保険料はインターネット経由での申し込みに比べてどうしても割高になってしまいます。

海外保険の具体的な利用例は

海外旅行保険に加入していると海外旅行中のさまざまなサポートや補償が受けられます。例えば、パッケージツアーに入って海外旅行をするので、心配はない、安心だと思っていても、旅先で急に体調を崩して、入院や治療を現地の医療機関で受けなければならないこともあります。また、旅行中で交通事故に巻き込まれたり、不慮の事故に巻き込まれたりすることもあります。さらに、美術館で芸術を鑑賞している最中やレストランでの食事中に、貴重品の盗難に遭うことも考えられます。そのようなときに海外旅行保険に加入していなければ、だれも助けてはくれません。パッケージツアーを申し込まれる際には、旅行会社から海外旅行保険の加入を勧められるのが一般的ですが、勧められた保険でなくても、必ずこのような不測の事態に対処できるように、海外旅行保険に加入して備えた方がよいでしょう。

まとめ

このように、海外旅行の際にはさまざまな予期せぬトラブルや事故、病気などに遭うことがあります。海外旅行保険の加入率の増加は、このような事故などに遭った際のリスクを軽減することになります。パッケージツアーであろうと個人旅行であろうと、事故やトラブルのリスクはありますので、安全に海外旅行をするためにも必ず必要な保険を掛けて、安心して旅行を楽しむことができるようにしましょう。

キーワード