損害保険の資料請求 | リクルートの保険比較サイト【保険チャンネル】

損害保険

損害保険のランキングから保険を見直す

損害保険の概要

損害保険の基本用語

名称 意味
保険金 損害が発生した場合に支払われるお金のことです。
定額払い 入院1日いくらなど、損害額にかかわらず、あらかじめ保険会社と約定した金額を支払う方式のことです。
実損払い 実際に被った損害を修復する為に必要となる金額をもとに支払う方式のことです。
対人賠償 事故の結果、相手に死亡、ケガ、休業などの損害を負わせてしまった時に、賠償しなくてはならない場合の補償のことです。
対物賠償 事故の結果、物の損壊や、その事故の為の休業による売り上げの減少などの損害を負わせてしまった時に、賠償しなくてはならない場合の補償のことです。
後遺障害 失明や腕を喪失するなど、将来も回復の見込みがないと医学的に認められた障害のことです。約款に規定されています。

損害保険とは、主に物、お金(利益)、人に関して損害が発生した場合に対して補償を準備する保険です。

損害保険も生命保険も仕組みは同じで、皆でお金を出し合って大きな共有財産を作り、アクシデントのあった方へ振り分けていくという相互扶助の精神で成り立っている商品です。
損害保険では、自分の物への損害など、実際に受けた損害に対して 保険金損害が発生した場合に支払われるお金のことです。 が支払われます。
例外的に傷害保険のように、あらかじめ入院1日当り5千円などと、決められた金額を支払う保険(「 定額払い入院1日いくらなど、損害額にかかわらず、あらかじめ保険会社と約定した金額を支払う方式のことです。 」と言います。)もありますが、基本的には事故の直前の状態に戻すことが上限であり、それよりも良い状態にするための部分については保険金が支払われません。(「 実損払い実際に被った損害を修復する為に必要となる金額をもとに支払う方式のことです。 」と言います。)

主な保険種類には、火災保険、自動車保険、賠償責任保険、傷害保険があります。

損害保険の役割

損害保険には、大きく分けて3つの役割があります。

  • 物に対する補償

    火災や自然災害で建物や家財が損壊した場合の補償や(主に火災保険)、旅行先で携行品を破損した際や(旅行保険)、ゴルフ場で用具を破損した場合(ゴルフ保険)の補償などの役割を担います。

    『自分は大丈夫だ』と思っていても、実際に損害が出ると大きな金額になることもありますので、しっかり備えておきたいところです。

  • お金(利益)に対する補償

    意図せずして、事故などで他人に危害を加えてしまった際の賠償金を補償します。

    例えば、誤ってバイクで人をひいてしまい、何億円も賠償金を支払うことになったり(バイク保険: 対人賠償事故の結果、相手に死亡、ケガ、休業などの損害を負わせてしまった時に、賠償しなくてはならない場合の補償のことです。 )、自動車で物を壊して何千万円も請求されたり(自動車保険: 対物賠償事故の結果、物の損壊や、その事故の為の休業による売り上げの減少などの損害を負わせてしまった時に、賠償しなくてはならない場合の補償のことです。 )、スキー場で他の利用者と接触事故を起こしてしまい、高額な賠償金を請求されたり(スキー保険)といったことは、可能性は低いとはいえ、無いとは言い切れません。実際に、自転車の衝突事故でも5千万円を超えるような高額な請求事例が出ています。
    そのような一度にご自身の人生が変わってしまう程の金額を請求されることが起きた場合に備える役割を担っていますので、加入しておくと安心でしょう。

  • 人に対する補償

    傷害保険などの場合、被保険者がケガで死亡した場合や、高度障害になった場合に、受取人に支払われます。 また、入院・手術・通院時にも費用を補償する役割もあります。

    ケガで長期に渡る入院や通院、 後遺障害失明や腕を喪失するなど、将来も回復の見込みがないと医学的に認められた障害のことです。約款に規定されています。 を負うこともありますので、ご自身だけでなくご家族が経済的に困らないように準備しておくとよいでしょう。

損害保険の種類

損害保険の基本用語

名称 意味
保険金 損害が発生した場合に支払われるお金のことです。
定額払い 入院1日いくらなど、損害額にかかわらず、あらかじめ保険会社と約定した金額を支払う方式のことです。
実損払い 実際に被った損害を修復する為に必要となる金額をもとに支払う方式のことです。
対人賠償 事故の結果、相手に死亡、ケガ、休業などの損害を負わせてしまった時に、賠償しなくてはならない場合の補償のことです。
対物賠償 事故の結果、物の損壊や、その事故の為の休業による売り上げの減少などの損害を負わせてしまった時に、賠償しなくてはならない場合の補償のことです。
後遺障害 失明や腕を喪失するなど、将来も回復の見込みがないと医学的に認められた障害のことです。約款に規定されています。

損害保険にはさまざまな種類がありますので、以下からご自身に必要な保険について考えてみましょう。

  • 自動車・バイクの保険

  • 旅行の保険

    • 海外旅行保険

      旅の出発から帰宅まで、海外旅行で発生した治療費や損害を補償する保険

      主な補償:
      治療費・対人賠償・対物賠償・携行品損害 など
      海外旅行保険を比較・検討する
    • 国内旅行保険

      旅の出発から帰宅まで、国内旅行で発生した治療費や損害を補償する保険

      主な補償:
      治療費・対人賠償・対物賠償・携行品損害 など
      国内旅行保険を比較・検討する
    • 駐在保険

      ビジネスの長期出張などで海外駐在中に発生する損害を補償する保険

      主な補償:
      治療費・対人賠償・対物賠償・携行品損害・緊急一時帰国 など
      駐在保険を比較・検討する
    • 留学保険

      海外旅行保険の一つで、留学時に発生する損害を補償する保険

      主な補償:
      治療費・対人賠償・対物賠償・携行品損害・緊急一時帰国 など
      留学保険を比較・検討する
  • スポーツ・ケガの保険

    • ゴルフ保険

      ゴルフをプレー中に発生したケガや損害を補償する保険

      主な補償:
      傷害時の治療費・対人賠償・対物賠償・用具の破損、盗難・ホールインワン達成時のお祝い費用 など
      ゴルフ保険を比較・検討する
    • スキー向け保険

      スキーやスノーボード中のケガや損害を補償する保険

      主な補償:
      傷害時の治療費・対人賠償・対物賠償・用具の破損、盗難など
      スキー向け保険を比較・検討する
    • 傷害保険

      「急激・偶然・外来の事故」による損害を補償する保険

      主な補償:
      入院補償・手術補償・通院補償 など
      傷害保険を比較・検討する
  • 住宅・財産の保険

    • 火災保険

      建物を対象に、火災や自然災害、偶発的な事故などで損壊した対象物を補償する保険

      主な補償:
      火災、落雷、破裂、爆発による建物への損害 など
      火災保険を比較・検討する
    • 地震保険

      火災保険に付帯する形で契約することができ、地震、津波や噴火などに起因する火災、損壊、埋没や流失による損害を補償する保険

      主な補償:
      地震による火災、損壊、流失 など
      地震保険を比較・検討する
    • 家財保険

      火災保険に含まれる保険で、家財を対象に、火災や自然災害、偶発的な事故などで損壊した対象物を補償する保険

      主な補償:
      火災、落雷、破裂、爆発による家財への損害 など
      家財保険を比較・検討する
    • ペット保険

      ペットがケガや病気になった際の治療費を補償する保険

      主な補償:
      治療費 など
      ペット保険を比較・検討する

見直しのポイント

損害保険の基本用語

名称 意味
保険金 損害が発生した場合に支払われるお金のことです。
定額払い 入院1日いくらなど、損害額にかかわらず、あらかじめ保険会社と約定した金額を支払う方式のことです。
実損払い 実際に被った損害を修復する為に必要となる金額をもとに支払う方式のことです。
対人賠償 事故の結果、相手に死亡、ケガ、休業などの損害を負わせてしまった時に、賠償しなくてはならない場合の補償のことです。
対物賠償 事故の結果、物の損壊や、その事故の為の休業による売り上げの減少などの損害を負わせてしまった時に、賠償しなくてはならない場合の補償のことです。
後遺障害 失明や腕を喪失するなど、将来も回復の見込みがないと医学的に認められた障害のことです。約款に規定されています。

損害保険は、基本的に1年更新の保険が多いので、毎年満期時の2~3か月前には見直しの検討を開始しましょう。 自分のライフステージに関して、前回の契約時から変更がある点や、将来像の変更も踏まえて、その補償が、今もしくは今後必要なのかどうかも含めてよく検討してください。

損害保険のランキングから保険を見直す

見直しのタイミング

お役立ちコラム

損害保険のキャンペーン

17-T10164

ページ上部へ