【保険料について】年間走行距離とは? | リクルートの保険比較サイト【保険チャンネル】

【保険料について】年間走行距離とは?


【保険料について】年間走行距離とは?

「保険料は走った分だけ」「走行距離が短いほど安く」など、年間走行距離によって保険料が安くなる自動車保険があります。でも、どうして年間走行距離が少ないほど保険料が安くなるのでしょうか?ここでは、年間走行距離はどのような内容か、またどのような人にメリットがあるのかを解説します。
掲載日:2014年9月25日

年間走行距離で保険料が変わるのはなぜ?

保険会社は、公平な保険料負担を実現するために、事故のリスク(事故に遭う確率と予想される損害の大小)に応じて保険料を計算することがあります。これをリスク細分型の自動車保険といい、リスクが低い人ほど保険料が安く、リスクが高い人ほど保険料が高くなる仕組みになっています。

実は、加入時に申告する「年間走行距離」もリスク項目の1つ。そのため、いくつかの保険会社では年間走行距離を保険料の計算に反映しています。つまり、年間走行距離と保険料は下の図のような関係にあります。

[図表]年間走行距離と保険料の関係

「普段はほとんど自動車に乗らない…」、そんな方はリスク細分型の自動車保険を選ぶことで、今までよりも保険料が安くなるかもしれません。

年間走行距離はどうやって決めるの?

自動車保険に加入する際、どのようにして1年間の走行距離を決めればよいのでしょうか?保険会社によって方法は異なりますが、主に2つの決め方があります。

●これから一年間に走行するであろう予定の距離を申告
●過去1年間に走行した距離を申告

また、年間走行距離はあくまで自己申告。保険会社が調べにくるわけではありませんが、「保険料を安くなるし、短い距離で申告しよう!」といったことは行わないようにしましょう。もし、著しく走行距離に差がある状態で事故を起こしてしまうと、保険金が支払われないケースもあるので注意が必要です。

年間走行距離を越えてしまった場合は

年間走行距離は「これから1年間に走行するであろう予想距離」です。あくまで「予想」なので、

●電車通勤から自動車通勤になった
●自動車で遠方まで旅行した

といった理由などで、年間走行距離を越えてしまうことも珍しくありません。そのような時はどうすればよいのでしょうか?

もし年間走行距離が少しでも上回った場合は、万全の補償を受けるため、保険会社に連絡するようにしましょう。対応は保険会社によって異なりますが、契約内容を変更することなどで、今までと同様の補償を受けることができます。

キーワード