会員登録100万人突破

FPに聞きました!出産した時に、加入・見直すべき保険ランキング

出産-Pregnancy_2x.png

赤ちゃんができたその瞬間から、お母さんになったあなた。 期待と不安に胸をドキドキさせながら、素晴らしい毎日を過ごしていることと思います。赤ちゃんが生まれたら、それまでの生活とは一変して、しばらくは多忙な日々が続くでしょう。 あっという間に季節は過ぎ去り、ふと気が付くと、すっかり一人前のお母さんになっています! ですが、できることなら、そんな忙しい毎日が訪れる前に、あらかじめ赤ちゃんを迎える準備を万全にしてから、出産にのぞみたいですよね。 重要な準備の1つとして、保険の見直しがあります。 今までと同じ保険で、これからの新しい生活への備えは大丈夫か?
現役FP(ファイナンシャルプランナー)に、出産した時に、加入・見直した方が良い保険について、聞きました!

1位:収入保障型保険

1位:収入保障型保険とは

被保険者が死亡または高度障害になった場合に、自分もしくは万が一の場合に遺された家族の生活を保障する保険です。
万が一のことがあったときには、あらかじめ定めた期間内に、遺族に対して年金形式もしくは一時金形式で保険金が支給されます。


(FPのコメント)


・子供を養育していくために万が一の際の所得の保障が必要。(42歳 FP歴:10年以上)
・家族への死亡時の保障と就業不能状態での収入減のよる保障のため。(51歳 FP歴:3年〜5年未満)
・子供が生まれたら世主の死亡保障と貯金、あと、働けなくなった時の補償を考えていただきたいです。(47歳 FP歴:1年〜3年未満)
・この出産によって、生活費・学費等将来の債務が生じる。収入にもよるが保障性を高めるべきと考える。余裕があれば子の負担を軽減させるための終身入院保険もありうる。(59歳 FP歴:10年以上)
・子供の学費の準備をスタートさせるとともに、家族に対して万が一の時の保障や不就労時の保障を見直しておく必要があるから。(60歳 FP歴:1年〜3年未満)

2位:貯蓄型学資保険/3位:外貨建て保険

2位: 貯蓄型学資保険とは

教育資金を貯める目的で加入するのが、貯蓄型の学資保険です。


(FPのコメント)


・扶養対象者ができたことで、生活費の保障や学費準備のための保険を推薦。(58歳 FP歴:10年以上)
・家族が増えれば、必要な保障額が増えるため。教育費を確実に貯めるため。(31歳 FP歴:1年未満)
・養育費の保障増額や大学資金の準備を考慮した方が良いと考えます。(48歳 FP歴:10年以上)
・家族が増えると必要保障額が変わるのと、将来の大学資金が必要になるため。(45歳 FP歴:3年〜5年未満)
・将来教育資金が必要になるので貯蓄が必要。(4歳 FP歴:3年〜5年未満)

3位: 外貨建て保険とは

米ドルや豪ドルで積立する方法です。円の口座から保険会社が外貨に替えて充当し、受け取るときは円に替えます。通貨を替えるため、為替リスクを考えなければ、返戻率は円建ての年金保険よりも良いことが多いです。
また、外貨で充当し、外貨で受け取ることができる会社もあります。


(FPのコメント)


・遺族年金だけで夫死亡後の経済的リスクを賄えない場合、収入保障、定期保険等の見直しが必要。また大学進学時には通常の生活費では賄えない一時的な金額が必要になるので余裕があれば準備をする方がいい。(60歳 FP歴:10年以上)
・配偶者の収入も加味しながら、子に対しての死亡保障の増額と学資が必要。学資は、学資保険の形式にこだわらず、受取時期に注意して、二本建てで(外貨、変額等いづれかセカンド)学資の備えをした方がよいと思われる。(46歳 FP歴:10年以上)
・万が一の家族の生活費や養育費を確保するため。子供の教育資金や住宅購入費、その他突発的な支出に備えるため。(50歳 FP歴:5年〜10年未満)
・学資を確保するため。特に積立利率変動型で外貨建ての商品であれば、「殖やすと備える」を同時に実現できるため。(42歳 FP歴:10年以上)

ランキング4位〜10位

4位 低解約返戻金型終身保険
5位 変額保険(終身型)
6位(同率) 積立利率変動型終身保険
6位(同率) 保障型学資保険
7位 医療保険
8位 就業保障保険
9位 定期保険
10位 所得補償保険

相談するならFP相談がおすすめ

この記事にでてきた保険が気になったら、ぜひFP(ファイナンシャルプランナー)に相談してみましょう。
次は、あなたのライフプランに合わせて具体的に検討を始めてみるのはいかがでしょうか。


とはいえ、現在、日本国内にある保険会社はざっと100社!
保険商品の数ともなると、数えきれない程。自分で検討するのは難しいかも!? お金の専門家であるFPが、あなたと一緒にこれらからのあなたに必要な資金の備えをどのように準備するか検討のサポートをし、あなたライフプランに合う保険を提案します。

FP相談は、自分では気づいていない改善点や対策に出会える機会になりますよ。

FPに無料相談する

他のランキングを見る

電話予約
お問合せ

0120-994-219

通話料無料・携帯OK 10:00-19:00(水曜日除く)

WEBで相談予約する(無料)
ページ上部へ