会員登録100万人突破

FPに聞きました!こどもが社会人になった時に、加入・見直すべき保険ランキング

社会人(子供が社会人になった際)-Employment_2x.png

長い学生生活を終え、晴れて社会人になった我が子を見ていると誇らしくなりますね。これまでの育児を振り返り、苦労が実ったと感じるのではないでしょうか。これから社会人として過ごすお子様ご本人、また、子育てを終了し夫婦の世帯へと変わった親世代。ライフステージが変わり、お金との付き合い方も変わることでしょう。
そこで、現役FP(ファイナンシャルプランナー)に、社会人になった時に、加入・見直した方が良い保険の種類を聞きました!

1位:医療保険

1位: 医療保険とは

病気やケガの治療にかかる経済的な負担を和らげることができます。 公的医療保険(健康保険)と民間の保険会社が販売する医療保険があります。 公的医療保険は、日本では全員加入の保険です。 ただし、公的医療保険が適用されない治療法などもあり、そのような治療を受けるために入院や手術をすると、治療費は自己負担となり費用がかさみます。 医療保険は、そのような保障の不足に備えることができる保険です。 過去の病歴にかかわらず全ての国民が加入する公的医療保険とは異なり、民間の医療保険は加入時に審査があります。 高齢者や過去に病歴がある方、健康状態の悪い方は加入が難しい場合があります。 また、保険料は保障の手厚さや加入者の健康状態、年齢によって異なります。


(FPのコメント)


・若くして終身医療保障に加入しておくと低廉な保険料で続けていける。(48歳 FP歴:10年以上)
・共済等の、保障が生涯にわたって減っていく可能性のある保険に入ってるケースも多く、社会人になり将来を見据えた医療は大切。(42歳 FP歴:5年〜10年未満)
・将来に必要な備えを本人に意識させたい。(58歳 FP歴:10年以上)
・社会人になった子供自身で医療やがんの保障を見直し管理することをおすすめします。(50歳 FP歴:5年〜10年未満)

2位:変額保険(終身型)/3位:外貨建て保険

2位:変額保険(終身型)とは

保険会社の運用実績によって保険金や解約時返戻金が増減する保険です。 万が一のときには、基本保険金に加えて保険会社の運用実績に応じた変動保険金を受け取ることができます。 基本保険金の額は一定金額となっていることが一般的ですが、変動保険金については保険会社の運用実績により増減します。 そのため、受け取れる保険金の総額や解約返戻金の金額が目減りしてしまうリスクを加入者が負うので、一般的な終身保険よりも保険料が割安に設定されていることが多いです。 死亡時の一定の保障を確保しながら、許容できるリスクの範囲で保障額を増やしたい場合には有効な選択肢と考えられます。


(FPのコメント)


・低金利の時代に将来に向けての資産形成が必要なため。(42歳 FP歴:10年以上)
・子世代は長生きリスク高いのと、社会保障が今より不十分の可能性があるので老後資金の準備を厚くすることを意識して提案します。(54歳 FP歴:3年〜10年未満)
・まだ若いので年金などには興味がないかもしれないが、若いうちから少額でもお金をためておくことが大事だと思います。がんについては罹患率が高いので若い時から備えておくと良いと思います。(48歳 FP歴:10年以上)
・がんに若い時に発症する方も最近では多く、告知内容の観点からみてもがんになってしまうとがん保険に入れないので若いうちのほうがよい。(54歳 FP歴:10年以上)

3位: 外貨建て保険とは

米ドルや豪ドルで積立する方法です。円の口座から保険会社が外貨に替えて充当し、受け取るときは円に替えます。通貨を替えるため、為替リスクを考えなければ、返戻率は円建ての年金保険よりも良いことが多いです。
また、外貨で充当し、外貨で受け取ることができる会社もあります。


(FPのコメント)


・お子様の独立により、保障の目的は家族を守るためからご自身を守るために変化していくことが一般に多いです。ご自身を守るための医療保障や老後の備えをメインに考えていくと良いかと思われます。(39歳 FP歴:10年以上)
・お子様にお金が掛からなくなったときは、死亡保障が過剰になっていないかのチェックと、これからは自分たちの老後の資産作りに目を向けたり、介護等に備えることも考え始めたほうが良いと思います。(54歳 FP歴:10年以上)
・子供のいる家族保障から、夫婦の保障にシフトするため。(61歳 FP歴:10年以上)
・子供が手を離れたので、ご夫妻の老後貯蓄対策にオススメする。(35歳 FP歴:10年以上)

ランキング4位〜10位

4位 がん保険
5位 収入保障型保険
6位 個人年金保険
7位 個人型確定拠出年金(iDeCo)
8位 積立利率変動型終身保険
9位 低解約返戻金型終身保険
10位 定期保険

相談するならFP相談がおすすめ

この記事にでてきた保険が気になったら、ぜひFP(ファイナンシャルプランナー)に相談してみましょう。
次は、あなたのライフプランに合わせて具体的に検討を始めてみるのはいかがでしょうか。


とはいえ、現在、日本国内にある保険会社はざっと100社!
保険商品の数ともなると、数えきれない程。自分で検討するのは難しいかも!? お金の専門家であるFPが、あなたと一緒にこれらからのあなたに必要な資金の備えをどのように準備するか検討のサポートをし、あなたライフプランに合う保険を提案します。

FP相談は、自分では気づいていない改善点や対策に出会える機会になりますよ。

FPに無料相談する

他のランキングを見る

電話予約
お問合せ

0120-994-219

通話料無料・携帯OK 10:00-19:00(水曜日除く)

WEBで相談予約する(無料)
ページ上部へ