FPに聞きました。会社の経営者が福利厚生のために加入した方が良い保険ランキング

banner-12_fp.png

会社を経営していく上では、保険をうまく活用するのが一般的。
義務であったり、リスクヘッジであったり、会社や社員、その家族たちを守るためのものであったりしますが、福利厚生のひとつとして、保険に加入することもありますね。

福利厚生として保険をうまく活用すると、求人で有利になったり、社員のモチベーションにつながったり、といったメリットもあります。

では、実際にどんな保険に加入するのがベストなのか・・・それは会社の数ほど答えがあるのです。
会社の経営状況にそぐわないような保険を選んでしまうと、かえってデメリットになってしまうこともあります。
とは言え、なにか目安になるアイディアも欲しいところ。

そこで、現役FP(ファイナンシャルプランナー)に、会社の経営者が福利厚生のために加入した方が良い保険の種類を聞きました。
ぜひ会社経営・保険選びのヒントにしてくださいね。

1位:養老保険

1位: 養老保険

養老保険とは


死亡・高度障害になった場合に保険金を受け取れ、満期時に生存していた場合には満期保険金も受け取ることができる保険です。

(FPのコメント)


・従業員の福利厚生での保険は従業員はもちろん経営者にとってもプラスと考えます。(57歳FP歴:5〜10年以上)
・従業員のケガや病気の療養資金、給与の補填、退職金の積立、死亡退職金や弔慰金の対策です。(30歳 FP歴:3年〜5年未満)
・収入の増加で、支出も増加。入院時の収入減に備えるため。(54歳FP歴:10年以上)

2位: 医療保険/3位:がん保険

2位: 医療保険

医療保険とは


病気・ケガのリスクに備える保険です。
入院・手術した場合の費用などを保障しています。

(FPのコメント)


・主に従業員の為の万が一、病気やケガの見舞金などのリスクに備えるため(48歳FP歴:10年以上)

3位:がん保険

がん保険とは


保障の対象をがんに限定した保険です。
がんと診断された時に「診断給付金」や、「入院給付金」「手術給付金」などが受け取れます

(FPのコメント)


・従業員に医療保障・がん保障などを加入することにより満足度を高められる(57歳FP歴:10年以上)

ランキング4位〜10位

4位 定期保険

5位  就業保証保険

6位 所得補償保険

7位 特定疾病保証保険

8位 変額保険(終身型)

9位 収入保障型保険

10位 個人型確定拠出年金(iDeCo)

相談するならFP相談がおすすめ

会社に必要な保険は、ぜひFP(ファイナンシャルプランナー)に相談してみましょう。

福利厚生を用意して、働きやすい環境作りをすることは従業員の方のモチベーションを上げる重要な要素です。

あなたの会社に合った、保険選びをFPに相談してみましょう。

FPに無料相談する

他のランキングを見る

電話予約
お問合せ

0120-994-219

通話料無料・携帯OK 10:00-19:00(水曜日除く)

WEBで相談予約する(無料)
ページ上部へ