FPに聞きました!引越しや単身赴任になった時に、加入・見直すべき保険ランキング

転居-Moving_2x.png

引っ越しを決めたとき、保険について検討したことはありますか?引越し準備が大変で忙しい!保険のことなど、つい後回しになったり検討もしていなかったというケースが多いです。 しかし、引越し先でなにかトラブルがあってからでは、慌てふためいてしまいます。 また、単身赴任が決まったタイミングでは住環境が変わるのと同時に検討しておくべき備えも変わってきます。引越しや単身赴任が決まったら、前もって保険についても確認しておくのがおすすめです。
現役FP(ファイナンシャルプランナー)に、引越しや単身赴任になった時に、加入・見直した方が良い保険の種類を聞きました!

1位:特にない

1位:特にない

(FPのコメント)


・どこに住むかという問題よりも、家族構成や、お子様の年齢等で考えるものと認識しています。(57歳 FP歴:5年〜10年未満)
・仕事内容、家族構成でしっかりプランニングしていれば引越しなどの環境の変化で保障を見直す必要はない。(45歳 FP歴:10年以上)
・思い当たらない。出費がかさむので使いすぎないこと、食生活が乱れるので健康面に配慮することを助言する。(59歳 FP歴:10年以上)
・引っ越しや、単身赴任のタイミングで見直しは必要ないと思います。(40歳 FP歴:1年未満)
・ライフプランにおいては大きな変化ではないため、特別見直しの必要はないかと思います。(34歳 FP歴:5年〜10年未満)

2位:収入保障型保険/3位:医療保険

2位:収入保障型保険とは

被保険者が死亡または高度障害になった場合に、自分もしくは万が一の場合に遺された家族の生活を保障する保険です。 万が一のことがあったときには、あらかじめ定めた期間内に、遺族に対して年金形式もしくは一時金形式で保険金が支給されます。


(FPのコメント)


・家賃や物価がすごく変わったのであれば、必要な保障額が変わるため。県民共済は正式には保険ではないが、対応してない県があるので、転勤のある人は他の保険を検討するべき。(32歳 FP歴:1年未満)
・そのタイミングで見直すのかわからないが、海外に行くなど、リスクが増えそうなら死亡保障の増額を。年齢的に高くなってきてるなら、三大疾病の見直しを提案します。(47歳 FP歴:1年〜3年未満)
・単身赴任の場合、生活費が上がるケースが多いため掛け捨ての保険を中心に保障を見直し生活費の圧迫を軽減したほうがよい。(40歳 FP歴:10年以上)
・引っ越しや単身赴任で将来の必要保障額が変わる際は見直しした方が良い為。(43歳FP歴:10年以上)
・2重生活となり生活費の増加が考えられるので、保険料の見直しを行っておく。また、食事が変化するので生活習慣病等への備えをしておく。(50歳 FP歴:5年〜10年未満)

3位:医療保険とは

病気やケガの治療にかかる経済的な負担を和らげることができます。 公的医療保険(健康保険)と民間の保険会社が販売する医療保険があります。 公的医療保険は、日本では全員加入の保険です。 ただし、公的医療保険が適用されない治療法などもあり、そのような治療を受けるために入院や手術をすると、治療費は自己負担となり費用がかさみます。 医療保険は、そのような保障の不足に備えることができる保険です。 過去の病歴にかかわらず全ての国民が加入する公的医療保険とは異なり、民間の医療保険は加入時に審査があります。 高齢者や過去に病歴がある方、健康状態の悪い方は加入が難しい場合があります。 また、保険料は保障の手厚さや加入者の健康状態、年齢によって異なります。


(FPのコメント)


・引越しをきっかけに医療保険をしっかり見直すといいと思います。(50歳 FP歴:5年〜10年未満)
・単身赴任の場合、生活費が上がるケースが多いため掛け捨ての保険を中心に保障を見直し生活費の圧迫を軽減したほうがよい。(40歳 FP歴:10年以上)
・単身で病気になるといろいろ諸経費がかかるので特定疾病・医療保険を見直し。(68歳 FP歴:10年以上)
・単身赴任で仕事ができなくなった場合に、遠方から家族を呼んだりヘルパーを頼んだりとお金がかかると想定されるので。(54歳 FP歴:10年以上)

ランキング4位〜10位

4位 がん保険
5位 所得補償保険
6位 外貨建て保険
7位(同率)変額保険(終身型)
7位(同率)低解約返戻金型終身保険
7位(同率)定期保険
7位(同率)就業保障保険
8位 積立利率変動型終身保険
9位 特定疾病保証保険
10位(同率)介護保険
10位(同率)個人年金保険

相談するならFP相談がおすすめ

この記事にでてきた保険が気になったら、ぜひFP(ファイナンシャルプランナー)に相談してみましょう。
次は、あなたのライフプランに合わせて具体的に検討を始めてみるのはいかがでしょうか。


とはいえ、現在、日本国内にある保険会社はざっと100社!
保険商品の数ともなると、数えきれない程。自分で検討するのは難しいかも!? お金の専門家であるFPが、あなたと一緒にこれらからのあなたに必要な資金の備えをどのように準備するか検討のサポートをし、あなたライフプランに合う保険を提案します。

FP相談は、自分では気づいていない改善点や対策に出会える機会になりますよ。

FPに無料相談する

他のランキングを見る

電話予約
お問合せ

0120-994-219

通話料無料・携帯OK 10:00-19:00(水曜日除く)

WEBで相談予約する(無料)
ページ上部へ