生命保険の窓口相談・資料請求と、損害保険の比較ができるリクルートの保険比較サイト【保険チャンネル】

ゴルフ保険

ゴルフ保険

ゴルフのプレー中における自分のケガや他人のケガ、ゴルフ用品の破損・盗難、ホールインワンの出費に備えられる保険です。

ゴルフ保険の概要

ゴルフのプレー中の事故によって他人にケガをさせた場合、自分がケガをした場合、ゴルフ用品が破損したり盗難にあった場合、ホールインワンなどで不測の出費が生じた場合に備える保険です。

ゴルフ保険を選ぶ場合は、適正な保険金額の設定と補償範囲をどこまでにするかが重要になります。

主な補償内容

  • 自分に対する補償

    ゴルフ場やゴルフ練習場の敷地内において、練習や競技もしくは指導中に、自分がケガをした場合に補償されます。

  • 相手に対する補償

    練習や競技中に、他人へケガをさせた場合の治療費や、他人のゴルフクラブを壊してしまった場合の修理費などの費用が補償されます。

    (例)プレー中に打ったボールが他人に当たってしまい、ケガを負わせた場合

  • ゴルフ用品に対する補償

    ゴルフ場や練習場において、ゴルフ用品の破損や盗難の場合に保険金が支払われます。

  • ホールインワンなどに対する補償

    ホールインワンもしくはアルバトロスを達成した場合に発生するお祝いにかかる費用を受け取れます。

    • (例1)達成のお祝いを記念し贈答品を購入した。
    • (例2)友人や知人を招いて祝賀会を開催した。

    ※セルフプレー時などに達成したホールインワン、アルバトロスは対象外です。

    ※日本国外でのホールインワン、アルバトロス達成時は対象外です。

ホールインワンの事例

ゴルフ経験者なら誰もが夢見るホールインワン。
その確率は1万分の1以下ということですから、人生に一度あるかないかの偉業とされています。
しかし、日本のゴルフコンペでは「ホールインワン(またはアルバトロス)を祝う慣習」があり、キャディへのご祝儀や贈答品の購入、祝賀会の開催に、ホールインワン記念樹を植える風習などがあり、多額の費用がかかります。
たとえば10名で開催したゴルフコンペでホールインワンを出した場合、次の通りになります。

10名で開催したゴルフコンペでホールインワンを出した場合の例

プレー料 1万円 × 10名 = 10万円
祝賀会 25万円
記念贈答品 5千円 × 10名 = 5万円
キャディーへのご祝儀 5万円
記念樹植樹 3万円
合計 48万円

契約のポイント

  • 補償内容の重複の確認
  • ホールインワン・アルバトロス費用の補償が必要かどうか

ゴルフ保険における自分の傷害や賠償責任については、医療保険や傷害保険の補償内容と重複する部分があります。
もし、このようなケガの補償を含む保険に加入している場合は、自分の傷害や賠償責任に対する補償内容を小さくすることを検討すると良いでしょう。

また、ゴルフ保険の代表的な特徴と言えるホールインワン・アルバトロス費用の補償が必要かどうかで、ゴルフ保険の加入を検討しても良いでしょう。

ページ上部へ