FPに聞きました。健康に不安を感じた際に、加入・見直した方が良い保険ランキング

banner-8_fp.png

みなさんは、ちゃんと健康診断、受けていますか?
会社員の方なら、会社で義務付けられている方も多いですが、主婦や自営業の方は、つい後回しになってしまいがち。
きちんと健康診断、受けてくださいね。

さて、何もなく、健康だ、と思っていても、意外と見落としていることがあるもの。
健康診断は、自分の体を見つめなおすいい機会です。
この機会に、保険も見直してみるのはいかがでしょうか?

自分や周囲の人が大きな病気をしたときに、保険を見直す方が多いと言います。
でも、病気になってしまってからでは遅いですよね。
今の保険は、本当に大切な人を守れますか?

現役FP(ファイナンシャルプランナー)に、健康に不安を感じた際に、加入・見直した方が良い保険について、聞きました。

1位: 個人年金保険

1位: 医療保険

医療保険とは


病気・ケガのリスクに備える保険です。
入院・手術した場合の費用などを保障しています。

(FPのコメント)


・病気になる前に、医療保険は見直すべき、又働けなくなると収入が減るので、所得保障保険は、準備したほうが良い。(72歳FP歴:10年以上)
・症状によって加入できる保険が違うため、より詳細に検討する必要がある為。(42歳 FP歴:10年以上)
・保険に加入できない状態になる前に、加入を検討した方がよい(43歳FP歴:5年〜10年以上)

2位: がん保険/3位:特定疾病保証保険

2位: がん保険

がん保険とは

保障の対象をがんに限定した保険です。
がんと診断された時に「診断給付金」や、「入院給付金」「手術給付金」などが受け取れます

(FPのコメント)


・3大疾病による就業不能に対するリスクカバー。(40歳FP歴:10年以上)

・きちんと今ご加入の保険が機能してるかは確認した方が良い。(54歳FP歴:3年以上 〜 5年未満)


3位:特定疾病保証保険

特定疾病保証保険とは

がんや急性心筋梗塞、脳卒中といった三大疾病にかかった場合にまとまった一時金を受け取れる保険です。

(FPのコメント)


・健康に不安を感じた際に加入・見直す保険としては、がんや特定疾病を含めた医療保障の見直し、万が一の時や不就労時の保障を見直しておく必要があると考えるから(60歳 FP歴:3年以上 〜 5年未満)

ランキング4位〜10位

4位 所得補償保険

5位 収入保障型保険

6位 就業保証保険

7位 介護保険

8位 外貨建て保険

9位 (同率) 変額保険(終身型)

9位 (同率)低解約返戻金型終身保険

10位 積立利率変動型終身保険

相談するならFP相談がおすすめ

健康の不安は、年齢や、家族構成などによって、異なります。
ご自身に必要な保険や、保障を定期的に見直すことは、ご自分だけでなく、
ご家族を守るためにも必要なことです。

健康診断と合わせて、お金の健康もFPに相談してみてはいかがでしょうか。
FPに無料相談する

他のランキングを見る

電話予約
お問合せ

0120-994-219

通話料無料・携帯OK 10:00-19:00(水曜日除く)

WEBで相談予約する(無料)
ページ上部へ